女優 綾瀬はるかさんの華やかな軌跡!!!熱愛の噂など

常に好感度抜群の 女優の綾瀬はるかさん!!!
 
男性のみならず女性からも大人気の綾瀬はるかさんについて 過去の熱愛の噂などをまとめたいと思います。

目次

1.綾瀬はるかさんのプロフィール
2.綾瀬はるかさんの過去の熱愛の噂
3.綾瀬はるかさんの出演作品
4.綾瀬はるかさんの受賞歴

1.綾瀬はるかさんのプロフィール


・生年月日:1985年3月24日
・出身地:広島県広島市
・身長:165cm
・血液型:B型
・事務所:ホリプロ
・デビューのきっかけ:2000年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞し 女優活動を開始。

綾瀬はるかさんのエピソード

・デビューのきっかけとなった「ホリプロタレントスカウトキャラバン」には友達に誘われ、「部活を休むための口実」として参加したが、何の準備もせずに行ったため 特技ではウサギのまねを披露した。

・芸名はインターネット上で公募し、応募された16,000件の中から本人とスタッフで選び、2001年2月28日に「綾瀬はるか」に決定した。

・非常に真面目な性格で、共演者やスタッフからも評価が高く、演技に関しては 納得行くまで監督と話し合うことも多い。

・ドラマ・映画「ホタルノヒカリ」で共演した俳優の藤木直人さんからは、「マイペースで天然。よくつまずいて転んでいた。」との発言があった。

・テレビのクイズバラエティ番組「島田検定!!」に出演した際は、珍回答を連発して司会の島田紳助さんから「君、本当にアホやろ」と言われた。

・「SMAP×SMAP」に出演した際は、木村拓哉さんと中井貴一さんから、綾瀬がベンガルに「ハーフですか?」と尋ねたことや、「ジーコって芸名なんですか?」といった過去の発言を指摘された。

・映画「ハッピーフライト」の舞台挨拶で、吹石一恵さんから「周りの人全員をツッコミにしてしまうキャラ」と言われた。

・映画「ハッピーフライト」で共演した寺島しのぶさんは、綾瀬さんが人の話を聞かないので「不思議な生き物」と毎日観察していて、吹石一恵さんと一緒に綾瀬さんをいじっていた。

・天然だと言われていることに対し、本人は「天然ではない」と述べている。

・2015年11月26日に発表されたNHK紅白歌合戦の記者会見で、初出場の乃木坂46 桜井玲香が綾瀬のモノマネをしたところ、「すいません、それ芸人の福田彩乃さんがやられている物まねですよね?」と突っ込み、会場の雰囲気を笑いに包んだ。

・尊敬する女優は、ドラマ「白夜行」で共演した 八千草薫、ドラマ・映画「HERO」で共演した 松たか子、映画「ザ・マジックアワー」で共演した 深津絵里、樹木希林。

・好きな俳優は、映画「ザ・マジックアワー」で共演した 小日向文世。

・板谷由夏さんとは ドラマ・映画「ホタルノヒカリ」で共演以来親しい仲で、持田香織さんとは 一緒にバレエに通う仲で、多部未華子さんとは、一緒に食事などに行く仲で、映画「海街diary」で共演した長澤まさみさんのことは「まさるちゃん」と呼んでいて とも仲が良く、ドラマ「JIN-仁-」で共演して以来 中谷美紀さんとも親交がある。

・オリコン調査の「恋人にしたい女性有名人ランキング」で、2009年、2011年、2014年、2015年、2016年に1位となる。

・2004年頃まではグラビアモデルとしての活動を主にしており、写真集や週刊誌で肌を大胆に露出したり、ローカル番組で体当たりで出演していた様子が人気を博した。

・デビュー後1年で7キロ体重が増え、テレビのバラエティ番組「ビューティーコロシアム」でダイエット企画に参加し、1ヶ月と3週間で8キロ以上のダイエットを行った。

・ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」では、白血病に冒されたヒロインを演じる為に、剃髪をした他、出演作品のために体重を増減させるなどの役作りをしている。

・ドラマ「鹿男あをによし」の撮影中は、共演者の児玉清さんと 度々深夜まで 人生について語り合った。

・ニュージーランドで、スパイに間違えられて 1 日拘束されたことがある。

・映画「僕の彼女はサイボーグ」の撮影中、舞台袖に捌ける際に 暗幕に隠れた鉄筋にぶつかり鼻の骨を折った。

▲目次へ戻る

 

2.綾瀬はるかさんの熱愛の噂

山田孝之さんとの噂

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で共演
ドラマ「白夜行」で共演

噂の出所:綾瀬さんが、山田さんに手紙を送ったとの噂

 

亀梨和也さんとの噂

ドラマ「たったひとつの恋」で共演

噂の出所:ドラマの中でのラブシーンの様子から噂が出る

 

大沢たかおさんとの噂

映画「ICHI」で共演
ドラマ「JINー仁ー」で共演

噂の出所:綾瀬さんが大沢さんの自宅に入る様子が週刊誌に掲載

 

向井理さんとの噂

ドラマ「ホタルのヒカリ2」で共演

噂の出所:撮影中とても仲が良く、一緒に帰ったり現場入りすることがあったため噂が出る

 

佐藤健さんとの噂

映画「リアル~完全なる首長竜の日~」で共演

噂の出所:撮影中に喧嘩をして、その後親しくなったため噂が出る

 

櫻井翔さんとの噂

NHK紅白歌合戦で共に司会を務める

 

西島秀俊さんとの噂

こんな記事も読まれています


ドラマ「八重の桜」で共演
ドラマ「奥様は、取り扱い注意」で共演

噂の出所:ドラマやCMで度々共演し、とても仲が良いため噂が出る

 

松坂桃李さんとの噂

映画「万能鑑定士Q ーモナ・リザの瞳ー」で共演

噂の出所:スポーツ紙が熱愛記事が掲載

 
イメージ通り、共演者からも好かれる素敵な女優さんなんでしょうね。
熱愛としては???ですが、お相手の方々は錚々たる面々で絢爛豪華!
今後もキラキラな噂を期待してしまいます。

▲目次へ戻る

 

3.綾瀬はるかさんの出演作品

映画

・Jam Films「JUSTICE」(2002年12月28日、ショウゲート)
・雨鱒の川(2004年11月13日、ミコット&バサラ)
・Mr.インクレディブル(2004年12月4日、ウォルト・ディズニー・スタジオ)
・Jam Films S「NEW HORIZON」(2005年3月27日、ファントム・フィルム)
・戦国自衛隊1549(2005年6月11日、東宝)
・たべるきしない(2006年1月27日、ビクターエンタテインメント)
・HERO(2007年9月8日、東宝)
・僕の彼女はサイボーグ(2008年5月31日、ギャガ)
・ザ・マジックアワー(2008年6月7日、東宝)
・ICHI(2008年10月25日、ワーナー・ブラザース映画)
・ハッピーフライト(2008年11月15日、東宝)
・おっぱいバレー(2009年4月18日、ワーナー・ブラザース映画、東映)
・ROOKIES-卒業-(2009年5月30日、東宝)
・ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~(2009年8月22日、東宝)
・インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年10月16日、ワーナー・ブラザース映画)
・プリンセス トヨトミ(2011年5月28日、東宝)
・映画 ホタルノヒカリ(2012年6月9日、東宝)
・あなたへ(2012年8月25日、東宝)
・ひみつのアッコちゃん(2012年9月1日、松竹)
・リアル~完全なる首長竜の日~(2013年6月1日、東宝)
・万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-(2014年5月31日、東宝)
・海街diary(2015年6月13日、東宝 / ギャガ)
・ギャラクシー街道(2015年10月24日、東宝)
・高台家の人々(2016年6月4日、東宝)
・海賊とよばれた男(2016年12月10日、東宝)
・本能寺ホテル(2017年1月14日、東宝)
・今夜、ロマンス劇場で(2018年2月10日、ワーナー・ブラザース映画)
・インクレディブル・ファミリー(2018年8月1日公開予定、ウォルト・ディズニー・スタジオ)

ドラマ

・金田一少年の事件簿(2001年7月期、日本テレビ)
・風の盆から(2002年、NHK)
・僕の生きる道(2003年1月期、関西テレビ)
・ほんとにあった怖い話 春の恐怖ミステリー「闇からの電話」(2003年4月8日、フジテレビ)
・ブラックジャックによろしく(2003年4月期、TBS)
・男湯 ~ゴボイジャーショーの巻~(2003年5月3日、フジテレビ)
・幸福の王子(2003年7月期、日本テレビ)
・太閤記 サルと呼ばれた男(2003年12月27日、フジテレビ)
・それは、突然、嵐のように…(2004年1月期、TBS)
・冬空に月は輝く(2004年2月11日、フジテレビ)
・ほんとにあった怖い話「横断歩道奇譚」(2004年2月14日、フジテレビ)
・極限推理コロシアム(2004年5月、読売テレビ)
・世界の中心で、愛をさけぶ(2004年7月期、TBS)
・あいくるしい(2005年4月期、TBS)
・赤いシリーズ2005「赤い運命」(2005年10月、TBS)
・里見八犬伝(2006年1月、TBS)
・白夜行(2006年1月期、TBS)
・HERO特別編(2006年7月3日、フジテレビ)
・たったひとつの恋(2006年10月期、日本テレビ)
・ホタルノヒカリ(2007年7月期、日本テレビ)
・鹿男あをによし(2008年1月期、フジテレビ)
・ROOKIES(2008年4月期、TBS)
・黒部の太陽(2009年3月、フジテレビ)
・MR.BRAIN(2009年5月~7月、TBS)
・ほんとにあった怖い話「怨みの代償」(2009年8月25日、フジテレビ)
・JIN-仁-(2009年10月期、TBS)
・ホタルノヒカリ2(2010年7月期、日本テレビ)
・JIN-仁- 完結編(2011年4月期、TBS)
・南極大陸(2011年10月期、TBS)
・大河ドラマ・八重の桜(2013年1月期、NHK)
・きょうは会社休みます。(2014年10月期、日本テレビ)
・わたしを離さないで(2016年1月期、TBS)
・放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」(2016年~2018年、NHK)
・奥様は、取り扱い注意(2017年10月期、日本テレビ)
・義母と娘のブルース(2018年7月期、TBS)
・大河ドラマ・いだてん~東京オリムピック噺~(2019年1月期、NHK)

ドキュメンタリー

・TBSテレビ放送50周年~戦後60年特別企画~「ヒロシマ」(2005年8月5日、TBS)
・NEWS23X特別企画「綾瀬はるかがたどる戦争の記憶~65年目の証言~」(2010年5月10日以降、毎月数回定期的に放送、TBS)
・青春の言葉 風街の歌~No.1ヒットメーカー 作詞家 松本隆の40年~(2010年5月26日、NHK)
・NEWS23 スペシャル「綾瀬はるか戦争を聞く~真珠湾に散った恋~」(2010年12月12日、TBS)
・NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く 原爆直後に生まれた命(2013年8月6日 – 8月8日、TBS)
・NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く(2014年8月6日・8月7日・8月13日、TBS)
・NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く 原爆孤児が生きた戦後(2016年8月15日、TBS)
・NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く 地図から消された秘密の島(2017年8月15日、TBS)
・輝く女(2012年12月2日(前編)・2012年12月9日(後編)、NHK BSプレミアム)
・ただいま、東北(2012年12月 – 2013年秋、NHK)
・明日へ1min. 綾瀬はるかの”ふくしまに恋して”(2014年4月30日、NHK)
・TBSテレビ60周年特別企画「ものづくり日本の奇跡」(2015年3月23日 – 3月26日、3月28日、TBS) – MC
・戦後70年特別番組「いしぶみ~忘れない。あなたたちのことを~」(2015年8月1日、広島テレビ制作、日本テレビ系列) – 朗読
・千の証言スペシャル 私の街も戦場だった2「家族と戦争」(2015年8月15日、TBS) – 司会
・ものづくり日本の奇跡 日の丸テクノロジーがオリンピックを変えた元気が出る60年物語(2016年9月3日、TBS) – MC

▲目次へ戻る

 

4.綾瀬はるかさんの受賞歴

・第42回ゴールデン・アロー賞 新人賞(2004年)
・第32回山路ふみ子映画賞 新人女優賞(「僕の彼女はサイボーグ」「ザ・マジックアワー」「ICHI」「ハッピーフライト」、2008年)
・第21回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(「ザ・マジックアワー」「ICHI」「ハッピーフライト」、2008年)
・第52回ブルーリボン賞 主演女優賞(「おっぱいバレー」、2009年)
・第33回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(「おっぱいバレー」、2009年)
・第18回橋田賞 新人賞(2009年)
・第10回TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2013 主演女優賞(「八重の桜」、2013年)
・第18回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(「きょうは会社休みます。」、2014年)
・第7回TAMA映画賞 最優秀女優賞(「海街diary」、2015年)
・第37回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(「海街diary」、2015年)
・第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 主演女優賞(「海街diary」、2015年)
・第39回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(「海街diary」、2015年)
・第70回毎日映画コンクール 女優主演賞(「海街diary」、2015年)
・第25回東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(「海街diary」、2015年)
・ジャパンアクションアワード(2017年) ベストアクション女優賞 最優秀賞(「精霊の守り人」、2016年)
・第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(「奥様は、取り扱い注意」、2017年)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする