デビュー作でいきなりカンヌ男優賞受賞!イケメン俳優 柳楽優弥さんの振り返り!

初オーディションで主演の座を射止めた作品がカンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品され、ご自身が史上最年少かつ日本人初の男優賞を受賞した、俳優 柳楽優弥さん。

そんな柳楽優弥さんについて、これまでの作品やエピソードなどを紹介します。

目次

1.柳楽優弥さんのプロフィール
2.柳楽優弥さんの出演作品
3.柳楽優弥さんの受賞暦

1.柳楽優弥さんのプロフィール


・本名:柳楽 優弥
・生年月日:1990年3月26日
・出身地:東京都東大和市
・身長:174cm
・血液型:A型
・デビュー:2004年
・配偶者:豊田エリー(2010年~)
・所属事務所:スターダストプロモーション

柳楽優弥さんのこれまで

・2002年、友達が所属していて楽しそうだったという理由で芸能事務所入りを希望し、スターダストプロモーションに応募。

・映画「誰も知らない」が初オーディションだったが、是枝裕和監督に「目に力がある」と主役に抜擢された。

・映画「誰も知らない」が俳優としての最初の活動となるが、撮影に 1 年、、公開はさらに 1 年後だったため、メディアに出たのは他の仕事( HONDA の CM やドラマ「クニミツの政」)の方が先となった。

・2004年、主役を演じた映画「誰も知らない」が「第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門」に出品され、当時 14 歳の史上最年少かつ日本人で初めて男優賞を受賞。

・2004年8月25日、「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与された。

・「TIME」誌アジア版で、イチロー選手とともに「2004 Asia’s Heroes」に選出された。

・2007年、アニメ・オムニバス映画「ジーニアス・パーティ」の中の「BABY BLUE」で声優デビュー。

・2008年に入ってからは体調を崩し、仕事量を減らしていたが、2008年8月29日、自宅で安定剤を大量に服用し病院に運ばれた(同日のうちに退院)。後日「家族との口論が原因で自殺未遂ではない」と自身のホームページで公式発表。

・2008年11月、井上凛さんの執筆協力により原案小説「止まない雨」を発表。

・2009年、2010年1月公開の映画「すべては海になる」の主演に抜擢され、俳優復帰。

・2012年、故蜷川幸雄さん演出の舞台「海辺のカフカ」で舞台デビューし、主人公田村カフカを演じた。

・2014年、福田雄一監督・脚本の「アオイホノオ」で連続ドラマ初主演。

・2015年、主演映画「合葬」が第39回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に正式出品される。

・2016年、主演映画「ディストラクション・ベイビーズ」で、第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などを受賞。

・2017年、「おんな城主 直虎」で大河ドラマ初出演。

柳楽優弥さんのエピソード

・妹と 2 人兄妹。

・バラエティ番組などは緊張して話さなくなるため 寡黙な印象をもたれるが、普段はよくしゃべる。

・いつか中居正広さんのような MC をやりたいという願望をもっている。

・特技は武道、乗馬、サッカー。

・趣味でロックバンドを組み、ボーカルを担当。

・10 代後半は「カンヌ受賞」がだんだんとプレッシャーになり、どうしていいかわからず、その結果周りを困らせるような行動をとっていたが、最後まで家族が見離さないでくれたこと、結婚をし子どもをもったことなどからもう一度俳優に向き合うようになったとインタビューで度々語っている。

・20歳の頃、俳優の仕事から離れていた時期には社会勉強のために約 1 年間、車のディーラーでの洗車のアルバイトと飲食店でのホールスタッフのアルバイトをしていた。

・2009年12月2日、自身のブログで女優の豊田エリーさんと婚約したことを発表。

・2010年1月14日に入籍し、1月15日に明治神宮にて挙式。

・2010年5月14日、妻の豊田エリーさんが妊娠4か月である事を発表し、10月13日、第 1 子となる女児が誕生。

・豊田さんとは堀越高等学校の先輩と後輩であり、一目惚れした柳楽さんが同級生に頼んで豊田さんに声をかけてもらい、連絡先を聞いたのが交際のきっかけ。

・男性は 18 歳になるまで結婚できない事を知らなかったため、17 歳の時にプロポーズしてしまい「18歳にならないと結婚できないよ」と言われたものの、2年後の19歳の時に改めてプロポーズした。

▲目次へ戻る

 

2.柳楽優弥さんの出演作品

映画

・誰も知らない(2004年8月7日、シネカノン)主演・福島明 役

・星になった少年 Shining Boy & Little Randy(2005年7月16日、東宝)主演・小川哲夢 役

こんな記事も読まれています


・シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年9月16日、東宝)主演・山下志郎 役

・ジーニアス・パーティ 「BABY BLUE」(2007年7月7日、日活)主演・翔(声)役

・包帯クラブ(2007年9月15日、東映)主演・ディノ(井出埜辰耶)役

・戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH(2009年10月17日、アスミック・エース)主演・ケン(川島賢)役

・すべては海になる(2010年1月23日、東京テアトル)主演・大高光治 役(佐藤江梨子とW主演)

・爆心 長崎の空(2013年7月13日、パル企画)廣瀬勇一 役

・許されざる者(2013年9月13日、ワーナー・ブラザース映画)沢田五郎 役

・ゆるせない、逢いたい(2013年11月16日、SDP)主演・野口隆太郎 役

・クローズEXPLODE(2014年4月12日、東宝)強羅徹 役

・闇金ウシジマくん Part2(2014年5月16日、東宝映像事業部 / SDP)蝦沼 役

・最後の命(2014年11月8日、ティ・ジョイ)主演・明瀬桂人 役

・合葬(2015年9月26日、松竹メディア事業部)主演・秋津極 役

・ピンクとグレー(2016年1月9日、アスミック・エース)

・HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年5月14日、東映)真琴正 役

・ディストラクション・ベイビーズ(2016年5月21日)主演・芦原泰良 役

・任侠野郎(2016年6月4日、KATSU-do)三田村俊樹 役

・銀魂(2017年7月14日、ワーナー・ブラザース映画)土方十四郎 役

・銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年8月17日予定)土方十四郎 役

・響 -HIBIKI-(2018年9月14日公開予定)- 田中康平 役

・散り椿(2018年9月28日公開予定)

・夜明け(2019年公開予定)主演

・ザ・ファブル(2019年公開予定)小島 役

ドラマ

・クニミツの政(2003年7月1日~9月9日、関西テレビ)坂上晋作 役

・電池が切れるまで(2004年4月22日~6月24日、テレビ朝日)高野大地 役

・TOKYO23~サバイバルシティ(2010年9月4日~10月2日、WOWOW)主演・新井ノボル 役

・LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第4話 – 第5話(2011年1月28日~2月4日、TBS)巽聡史 役

・ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(2013年6月22日、フジテレビ)当摩健斗 役

・アオイホノオ(2014年7月18日~9月26日、テレビ東京)主演・焔モユル 役

・信長協奏曲 第1話(2014年10月13日、フジテレビ)織田信行 役

・まっしろ(2015年1月13日~3月17日、TBS)仲野孝太郎 役

・連続テレビ小説「まれ」(2015年5月16日~9月26日、NHK)池畑大輔 役

・ゆとりですがなにか(2016年4月17日~6月19日、日本テレビ)道上まりぶ 役

・勇者ヨシヒコと導かれし七人 第8話(2016年11月25日、テレビ東京)猿 役

・お母さん、娘をやめていいですか?(2017年1月13日~3月3日、NHK)松島太一 役

・大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年4月23日~12月17日、NHK)龍雲丸 役

・フランケンシュタインの恋(2017年4月23日~6月25日、日本テレビ)稲庭聖哉 役

・ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年7月2日・7月9日、日本テレビ)道上まりぶ 役

▲目次へ戻る

 

3.柳楽優弥さんの受賞暦

2004年度
・第57回カンヌ国際映画祭 男優賞(「誰も知らない」)

・第78回キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞(「誰も知らない」)

・第59回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(「誰も知らない」)

・第14回東京スポーツ映画大賞 新人賞(「誰も知らない」)

・第40回シカゴ国際映画祭 Golden Plaque賞(「誰も知らない」)

・第26回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(「誰も知らない」)

・第19回高崎映画祭 最優秀新人男優賞(「誰も知らない」)

2016年度
・第8回TAMA映画賞 特別賞(「ディストラクション・ベイビーズ」)真利子哲也監督&柳楽優弥、及びスタッフ・キャスト一同として受賞

・第38回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(「ディストラクション・ベイビーズ」)

・第90回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞(「ディストラクション・ベイビーズ」)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする