Superstar 木村拓哉さんの振り返り!

最近、次女のコウキさんが鮮烈なモデルデビューを果たし、新たな話題に上った 元 SMAP の木村拓哉さん。

デビューから SMAP 解散まで 常にスターであり続けた木村拓哉さんのヒストリーを振り返りたいと思います。

目次

1.木村拓哉さんのプロフィール
2.木村拓哉さんのエピソード
3.木村拓哉さんの出演作品
4.木村拓哉さんの受賞歴

1.木村拓哉さんのプロフィール


・生年月日:1972年11月13日
・出身地:東京都
・身長:176cm
・血液型:O型
・配偶者:工藤静香
・事務所:ジャニーズ事務所
 

木村拓哉さんのあゆみ

・1987年11月 ジャニーズ事務所に入所し、中居正広、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾と SMAP が結成される。

・1991年9月9日「Can’t Stop!! -LOVING-」でCDデビュー。

・1994年、映画「シュート!」に出演して石原裕次郎新人賞を受賞し、以後 多数のドラマ、映画に出演。

・フジテレビの有名なドラマ枠である「月9」で 10 回主演し、最多主演記録となった。

・2000年、工藤静香と結婚。

・2016年12月31日、SMAP が解散し、以後 ソロタレントととして活動中。

▲目次へ戻る

 

2.木村拓哉さんのエピソード

・出演するドラマを高視聴率に導き、度々「視聴率男」と形容されるが、ご自身は 出演者と視聴率を結び付けることや視聴率にこだわることについて 懐疑的に思っている。

・ドラマ撮影の際は「感情と感情が重なり合って会話はなされていく。自分以外の言葉や動き、そして感情まで把握して演じた方が、リアルな会話のスピードに近づける」との理由から、自身の台詞や共演者の言動を記憶して撮影に臨んでいる。

・田村正和さんから影響を受けて「セットに台本を持ち込まない」と決めている。

・これまでに沢山の職業の役を演じており、ドラマ「BG~身辺警護人~」が 21 職目と報じられた。

・脚本家の三谷幸喜さんから、「もともと芝居が上手な方」「あの世代の役者さんの中では群を抜いて才能のある方」と評されている。

・映画監督の山田洋次さんは、木村さんについて「抜きんでているんじゃないの?」「天才的なところがある」と語っている。

・演出家の久世光彦さんは、「木村拓哉という役者がいる。いまその全身を撮ってピカ一の役者である。」「ところが可哀想に、この人もアップばかり撮られている。(・・・略・・・)この役者を狭いコックピットに閉じ込めておかないで、もっと自由にしてやりたい。木村拓哉の全身から匂い立つ<色気>がもったいない。都会の倦怠と、その中の漂泊感を、奇妙なバランスで漂わせることにかけて、いま木村拓哉は、ほとんど天才である。」と記している。

・児玉清さんは、木村さんについて「自然に振る舞っているようで、目の動きとかで濃密な演技をしている。そういう心の動きを辿れる、俳優としての大変な資質を持っているんじゃないかと思います。」と評している。

・堤真一さんは「僕は、木村さんと中井貴一さんの芝居を見てて惚れ惚れしてました。男が見ているだけで魅了されるっていうのは、まず僕は無いんですけど、ホントに見とれてしまいましたね。(・・・略・・・)木村君に教えてもらったことは覚悟ですね。自分がやるっていう責任感と覚悟――それをひしひしと感じましたね。やっぱり、役者としてでるかぎりは覚悟を決めてやれ、っていう彼の生きざまを見て学びました」と述べている。

・吉田羊さんからは「打てば響くのに肩の力は抜けている稀有完璧な役者」と評されている。

・木村さんを「憧れの存在」と公言している松山ケンイチさんは、「色々話を聞かせていただいて、ものすごく勉強されてるし、経験を積んでいくっていう絶対に見えない作業や、誰にも見えないところでの努力が半端ない方なんだなと改めて思いました。だからこそ、その役に説得力を持たすことができるし…すごいなと思います。本当に。」と称賛している。

・映画「ラストエンペラー」を製作した 映画プロデューサーのジェレミー・トーマスさんは、木村さんについて「非常に才能があって知的な方」「身体能力の高さと演技力とが合間って、強い存在感を発揮している。彼は、世界的に認知されるべき資質をたくさん持っている」と称賛している。

▲目次へ戻る

 

3.木村拓哉さんの出演作品

映画

・シュート!(1994年3月12日公開、松竹)
・君を忘れない(1995年9月23日公開、日本ヘラルド映画)
・2046(2004年10月23日公開、ブエナビスタ・インターナショナル)
・武士の一分(2006年12月1日公開、松竹)
・HERO(2007年9月8日公開、東宝)
・HERO(2015年7月18日公開、東宝)
・アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(2009年6月6日公開、ギャガ)
・SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年12月1日公開、東宝)
・無限の住人(2017年4月29日公開、ワーナー・ブラザース)
・検察側の罪人(2018年公開予定、東宝)
・マスカレード・ホテル(2019年公開予定)

こんな記事も読まれています


ドラマ

・あぶない少年III(1988年10月12日 – 1989年3月29日、テレビ東京)
・時間ですよ新春スペシャル「梅の湯の結婚式はギャグでいっぱい」(1990年1月2日)
・おとうと(1990年4月30日、TBS)
・松葉杖のラガーマン「ラグビーやってて良かった!」(1991年1月14日、TBS)
・映画みたいな恋したい「ロミオとジュリエット」(1991年10月5日、テレビ東京)
・好きなのに…(1991年10月13日 – 10月27日、テレビ東京)
・もっと、ときめきを―ふたりまでの距離―(1992年3月17日、日本テレビ系)
・映画みたいな恋したい「摩天楼はバラ色に」(1992年4月4日、テレビ東京)
・世にも奇妙な物語(フジテレビ)
・世にも奇妙な物語第3シリーズ「言葉のない部屋」(1992年7月2日、フジテレビ)
・世にも奇妙な物語春の特別編「トイレの落書き」(1995年4月3日、フジテレビ)
・世にも奇妙な物語春の特別編「パパラッチ」(1999年3月31日、フジテレビ)
・世にも奇妙な物語 SMAPの特別編「BLACK ROOM」(2001年1月1日、フジテレビ)
・柴門ふみセレクションSELECTION2「少女以上・少年未満」(1992年10月19日、テレビ朝日)
・その時、ハートは盗まれた(1992年11月19日 – 12月17日、フジテレビ)
・泣きたい夜もある「僕だけの女神」(1993年4月18日、TBS)
・伊豆の踊子(1993年6月14日、6月21日、テレビ東京)
・あすなろ白書(1993年10月11日 – 12月20日、フジテレビ)
・君に伝えたい「女×5≦あいつ」(1994年4月3日、TBS)
・君に伝えたい「再会」(1994年6月12日、TBS)
・若者のすべて(1994年10月19日 – 12月21日、フジテレビ)
・SMAPのがんばりましょう「NAKED BANANAS」(1995年4月12日 – 7月5日)
・SMAPのがんばりましょう「GOING NUTS」(1995年7月12日 – 9月20日)
・君は時のかなたへ(1995年9月18日、テレビ朝日)
・人生は上々だ(1995年10月13日 – 12月22日、TBS)
・古畑任三郎2nd season 第4話「赤か、青か」(1996年1月31日、フジテレビ)
・古畑任三郎スペシャル「消えた古畑任三郎」(1996年4月9日、フジテレビ)
・古畑任三郎スペシャル「古畑任三郎 vs SMAP」(1999年1月3日、フジテレビ)
・SMAP GO!GO!「古畑任三郎 vs SMAP その後…」(2013年9月30日、フジテレビ)
・ロングバケーション(1996年4月15日 – 6月24日、フジテレビ)
・協奏曲(1996年10月11日 – 12月13日、TBS)
・僕が僕であるために(1997年1月3日放送、フジテレビ)
・ギフト(1997年4月16日 – 6月25日、フジテレビ)
・いいひと。 第8話(1997年6月3日、フジテレビ)
・ラブジェネレーション(1997年10月13日 – 12月22日、フジテレビ)
・織田信長 天下を取ったバカ(1998年3月25日、TBS)
・眠れる森(1998年10月8日 – 12月24日、フジテレビ)
・今夜は営業中!(1999年9月18日、日本テレビ)
・ビューティフルライフ(2000年1月16日 – 3月26日、TBS)
・伝説の教師 最終話(2000年6月24日、日本テレビ)
・フードファイト(2000年7月1日 – 9月16日、日本テレビ)
・フードファイトスペシャル香港死闘篇(2001年4月1日、日本テレビ)
・HERO(2001年1月8日 – 3月19日、フジテレビ)
・HERO特別編(2006年7月3日、フジテレビ)
・ドラマレジェンドスペシャルHERO(2007年9月23日、フジテレビ)
・HERO 第2シリーズ(2014年7月14日 – 9月22日、フジテレビ)
・忠臣蔵1/47(2001年12月28日、フジテレビ)
・空から降る一億の星(2002年4月15日 – 6月24日、フジテレビ)
・GOOD LUCK!!(2003年1月19日 – 3月23日、TBS)
・プライド(2004年1月12日 – 3月22日、フジテレビ)
・X’smap~虎とライオンと五人の男~(2004年12月25日放送、フジテレビ)
・エンジン(2005年4月18日 – 6月27日、フジテレビ)
・西遊記 第1話(2006年1月9日、フジテレビ)
・華麗なる一族(2007年1月14日 – 3月18日、TBS)
・CHANGE(2008年5月12日 – 7月14日、フジテレビ)
・Goro’s Bar ドラマスペシャル「世界に一つだけの花サカス!?」(2009年3月10日)
・MR.BRAIN(2009年5月23日 – 7月11日、TBS)
・こちら葛飾区亀有公園前派出所 最終話(2009年9月26日、TBS)
・月の恋人~Moon Lovers~(2010年5月10日 – 7月5日、フジテレビ)
・毒トマト殺人事件(2010年7月1日、テレビ朝日)
・南極大陸(2011年10月16日 – 12月18日、TBS)
・PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~(2012年10月22日 – 12月24日、フジテレビ)
・安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~(2013年10月13日 – 12月15日、TBS)
・宮本武蔵(2014年3月15日、16日二夜連続、テレビ朝日)
・極悪がんぼ 最終話(2014年6月23日)
・アイムホーム(2015年4月16日 – 6月18日、テレビ朝日)
・A LIFE~愛しき人~(2017年1月15日 – 3月19日、TBS)
・BG~身辺警護人~(2018年1月18日 – 3月15日、テレビ朝日)

舞台

・盲導犬(1989年、日生劇場)
・ドラゴンクエスト (1992年、京都・南座)
・花影の花〜大石内蔵助の妻(1992年、日生劇場)
・ANOTHER~沈黙の島編・少年の島編 (1993年、天王洲・アートスフィア/京都・南座)
・洒落男たち~モダンボーイズ~(1994年)

声優

・花より男子(CDブック)花沢類 役
・花より男子(1993年7月)花沢類 役
・花より男子2(1993年12月)花沢類 役
・花より男子3(1994年7月)花沢類 役
・ハウルの動く城(2004年11月20日公開)ハウル 役
・アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(2009年6月6日公開)シタオ役
・REDLINE(2010年10月9日公開)JP 役
・サザエさん(2014年7月27日/FNS27時間テレビ内)タクヤ 役
・クレヨンしんちゃん(2015年5月29日・6月5日、テレビ朝日)野原家家族 役

▲目次へ戻る

 

4.木村拓哉さんの受賞歴

・第11 -15回ベストジーニスト(1994 -1998年、殿堂入り)
・第7回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 新人賞ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞映画「シュート!」(1994年)
・エランドール賞・新人賞(1995年)
・第32回ギャラクシー賞・奨励賞個人ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞テレビドラマ「若者のすべて」(1994年)
・第9回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「ロングバケーション」(1996年)
・第6回TV LIFE 年間ドラマ大賞・主演男優賞「ロングバケーション」(1996年)
・第15回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「ラブジェネレーション」(1997年)
・第7回TV LIFE 年間ドラマ大賞・主演男優賞「ギフト」・「ラブジェネレーション」(1997年)
・第19回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「眠れる森」(1998年)
・第1回日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「ラブジェネレーション」(1998年)
・第24回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「ビューティフルライフ」(1999年)
・第3回日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「ビューティフルライフ」(1999年)
・第10回TV LIFE 年間ドラマ大賞・主演男優賞「ビューティフルライフ」(2000年)
・第26回放送文化基金賞・男優演技賞ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞テレビドラマ「ビューティフルライフ」(2000年)
・第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「HERO」(2001年)
・第11回TV LIFE 年間ドラマ大賞・主演男優賞「HERO」(2001年)
・第4回日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「HERO」(2001年)
・第33回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「空から降る一億の星」(2002年)
・第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「GOOD LUCK!!」(2003年)
・第16回東京スポーツ映画大賞・主演男優賞 – 映画「武士の一分」(2006年)
・第20回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 主演男優賞ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞映画「武士の一分」(2007年)
・第52回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「華麗なる一族」(2007年)
・第4回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー・主演男優賞「華麗なる一族」(2007年)
・ソウル・ドラマ・アワーズ2007・最優秀主演男優賞 – テレビドラマ「華麗なる一族」(2007年)
・第57回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「CHANGE」(2008年)
・第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(2012年)
・第9回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー・主演男優賞「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(2012年)
・第52回ACCCMフェスティバル・タレント賞ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞トヨタ自動車のテレビCMの演技による(2012年)
・第10回月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー・主演男優賞「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(2013年)
・第17回秋日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(2013年)
・第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞「HERO(第2期)」(2014年)
・第18回夏日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞「HERO(第2期)」(2014年)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする