お騒がせ中の実力派女優 満島ひかりさんのこれまで!恋愛事情など

11月から東京・本多劇場などで上演予定の舞台「ロミオとジュリエット」(宮藤官九郎の脚本及び演出)に出演予定だった満島ひかりさんが、突如降板するという報道が出ました。

これまでもタッグを組んだことがある間柄で、今回の舞台は満島さんが企画を持ち込んだという噂もあり、現在 降板理由について色々と憶測が飛び交っています。

数々の映画やドラマでその演技力が高く評価されている満島ひかりさんについて これまでの歩みなどをまとめたいと思います。

目次

1.満島ひかりさんのプロフィール
2.満島ひかりさんの恋愛模様
3.満島ひかりさんの出演作品
4.満島ひかりさんの受賞歴

1.満島ひかりさんのプロフィール


・本名:満島 ひかり
・生年月日:1985年11月30日
・出生地:鹿児島県鹿児島市生まれ 沖縄県沖縄市育ち
・身長:162 cm
・血液型:A型
・配偶者:石井裕也(2010年 – 2016年)
・著名な家族:満島真之介(弟)、満島みなみ(妹)、満島光太郎(弟)

 

満島ひかりさんのあゆみ

・沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sオーディション」で優勝して、同スクールに特待生として入所。

・11歳の時に篠山紀信が撮影した写真集「少女たちのオキナワ」において、1ページ目を飾る。

・7人組ユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加し、1997年にシングル「パラシューター」でデビュー、10万枚以上のヒットを記録。

・2000年に5人組ユニット「Folder5」へ改組し、3rdシングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」(フジテレビ)のオープニングテーマに起用されるなどし、ヒット。

・Folder5の活動休止後、高校在学中の2003年9月からTOKYO MXの公開バラエティ「ゼベック・オンライン」のアシスタントとして芸能活動を再開後、司会・グラビア・タレント活動を経て現在の女優業に転向。

・2009年公開の 園子温監督の映画「愛のむきだし」に抜擢され、当時ほとんど無名ながら 園監督に「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居に全てが圧倒された」と言わしめ、知名度が急上昇して以降 現在に至るまで数々の作品に出演し受賞歴も多数。

・2004年4月にヴィジョンファクトリー(現・ライジングプロダクション)の子会社「ぱれっと」に所属、2009年にユマニテに移籍し、2018年3月 ユマニテから独立して、2018年6月フリーで活動中。

・主演映画「川の底からこんにちは」の監督 石井裕也と、約1年の交際期間を経て2010年10月25日に結婚し、2016年の年明けに離婚。

▲目次へ戻る

 

2.満島ひかりさんの恋愛模様

石井裕也さんと結婚・離婚

石井裕也さん

・生年月日:1983年6月21日
・出身地:埼玉県浦和市
・職業:映画監督
・活動開始:2005年
・事務所:ブレス・チャベス
・主な作品
 ■剥き出しにっぽん(2005年)
 ■反逆次郎の恋(2006年)
 ■ガール・スパークス(2007年)
 ■ばけもの模様(2007年)
 ■君と歩こう(2009年)
 ■川の底からこんにちは(2009年)※第19回PFFスカラシップ作品
 ■あぜ道のダンディ(2011年6月18日公開)
 ■ハラがコレなんで(2011年11月5日公開)
 ■舟を編む(2013年4月13日公開)
 ■ぼくたちの家族(2014年5月24日公開)
 ■バンクーバーの朝日(2014年12月20日公開)
 ■夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017年5月13日公開)

満島さんと石井さんは、映画「川の底からこんにちは」撮影後 交際1年を経て、2010年10月25日に結婚し、2016年早々に離婚しました。

離婚理由については、結婚観や生活観の違いによるものだと言われています。

 

永山絢斗さんとの熱愛

満島さんは、離婚後に俳優 永山絢斗さんとの熱愛が報じられ、当時の事務所もこれを認めていました。

永山絢斗さん

・生年月日:1989年3月7日
・出生地:東京都板橋区
・血液型:B型
・著名な家族:瑛太(兄)
・事務所:パパドゥ
・主な出演作品
 ■ドラマ「パズル」
 ■ドラマ「おひさま」
 ■ドラマ「一路」
 ■ドラマ「べっぴんさん」
 ■映画「ソラニン」
 ■映画「ソフトボーイ」
 ■映画「ふがいない僕は空を見た」

満島さんと永山さんは、ドラマ「おひさま」(2011年)や「ごめんね青春!」(2014年)で共演経験がありますが、交際のきっかけは、満島さんの弟(真之介さん)と永山さんの兄(瑛太さん)が舞台で共演して仲良くなったことから 家族ぐるみのおつきあいがあって交際に発展したようです。

現在も永山さんと順調に交際中なのでしょうか。。。
プライベートでいい時間を過ごして、ますます女優に磨きをかけて欲しいです!

▲目次へ戻る

 

3.満島ひかりさんの出演作品

映画

・モスラ2 海底の大決戦(1997年12月13日)
・デスノート / デスノート the Last name(2006年6月17日 / 11月3日、監督:金子修介)
・エクステ(2007年2月17日、監督:園子温)
・僕の彼女とその彼氏(ゆうれい) Drop in Ghost(2007年2月24日、監督:森敦司)主演
・少林少女(2008年4月26日、監督:本広克行)
・プライド(2009年1月17日、監督:金子修介)
・愛のむきだし(2009年1月31日、監督:園子温)
・ちゃんと伝える(2009年8月22日、監督:園子温)
・クヒオ大佐(2009年10月10日、監督:吉田大八)
・食堂かたつむり(2010年2月6日、監督:富永まい)
・カケラ(2010年4月3日、監督:安藤モモ子)主演
・川の底からこんにちは(2010年5月1日、監督:石井裕也)主演
・悪人(2010年9月11日、監督:李相日) – 石橋佳乃 役
・ラビット・ホラー3D(2011年9月17日、監督:清水崇)主演
・一命(2011年10月15日、監督:三池崇史)
・スマグラー -おまえの未来を運べ-(2011年10月22日、監督:石井克人)
・北のカナリアたち(2012年11月3日、監督:阪本順治)
・夏の終り(2013年8月31日、監督:熊切和嘉)主演
・ハロー!純一(2014年2月15日、監督:石井克人)主演
・駆込み女と駆出し男(2015年5月、監督:原田眞人)
・愚行録(2017年2月18日、監督:石川慶)
・海辺の生と死(2017年7月29日、監督:越川道夫、フルモテルモ / スローラーナー)主演

こんな記事も読まれています


ドラマ

・ウルトラマンマックス(2005年7月 – 2006年4月、中部日本放送)
・ダンドリ娘(2006年6月 – 8月、フジテレビ)
・ダンドリ。~Dance☆Drill~ 最終話(2006年9月19日、フジテレビ)
・紅の紋章(2006年10月 – 12月、東海テレビ)
・ブロッコリー(2007年1月20日、フジテレビ)
・帰ってきた時効警察 第3話(2007年4月27日、テレビ朝日)
・仮面ライダー電王 第17・18・33話(2007年5月20日・27日・9月16日、テレビ朝日)
・女刑事みずき~京都洛西署物語~ 第3話(2007年7月19日、テレビ朝日)
・足りない生活(2007年7月30日、VISION CAST:携帯ドラマ)
・結婚詐欺師(2007年11月18日、WOWOW)
・借金カノジョ(2008年1月、VISION CAST:携帯ドラマ)
・瞳(2008年3月 – 9月、NHK)
・おひさま(2011年4月4日 – 10月1日、NHK)
・MAKE THE LAST WISH(2008年9月、MAKE 5 WISHES 製作委員会:WEBドラマ)
・ネオコラ!東京環境会議 ビール瓶篇(2008年10月13日、フジテレビ)
・252 生存者あり episode.ZERO(2008年12月5日、日本テレビ)
・メン☆ドル ~イケメンアイドル~ 第10話(2008年12月18日、テレビ東京)
・怨み屋本舗REBOOT 第5話(#9・#10)(2009年9月5日・12日、テレビ東京)
・BLOODY MONDAY(2010年1月23日 – 3月20日、TBS)
・月の恋人~Moon Lovers~(2010年5月10日 – 7月5日、フジテレビ)
・モテキ(2010年7月16日 – 10月1日、テレビ東京)
・太宰治短編小説集 vol.3「カチカチ山」(2010年9月28日、NHK-BS2)
・さよならぼくたちのようちえん(2011年3月30日、日本テレビ)
・それでも、生きてゆく(2011年7月7日 – 9月15日、フジテレビ)
・日中国交正常化40年記念ドキュメンタリードラマ 開拓者たち(2012年1月1日 – 22日、NHK BSプレミアム)
・Woman(2013年7月3日 – 9月11日、日本テレビ)主演
・かなたの子 第2話(2013年12月1日、WOWOWプライム)
・若者たち2014(2014年7月9日 – 9月24日、フジテレビ)
・おやじの背中 第2話(2014年7月20日、TBS)
・ごめんね青春!(2014年10月12日 – 12月21日、TBS)
・ど根性ガエル(2015年7月11日 – 9月19日、日本テレビ)
・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎「D坂の殺人事件」(2016年1月11日、NHK BSプレミアム)主演
・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎「心理試験」(2016年1月23日、NHK BSプレミアム)主演
・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎「屋根裏の散歩者」(2016年1月24日、NHK BSプレミアム)主演
・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第1話・第6話(2016年1月18日・2月22日、フジテレビ)
・トットてれび(2016年4月30日 – 6月18日、NHK総合)主演
・キッドナップ・ツアー(2016年8月2日、NHK総合)
・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語「何者」(2016年12月26日、NHK BSプレミアム)主演
・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語「黒手組」(2016年12月27日、NHK BSプレミアム)主演
・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語「人間椅子」(2016年12月28日、NHK BSプレミアム)主演
・カルテット(2017年1月17日 – 3月21日、TBS)
・破獄(2017年4月12日、テレビ東京)
・監獄のお姫さま(2017年10月17日 – 12月19日、TBS)

舞台

・偽伝、樋口一葉(2006年12月6日 – 10日、シアターモリエール)主演
・見よ、飛行機の高く飛べるを(2007年2月8日 – 12日、俳優座)
・苦情の手紙(2007年8月21日、シアターサンモール、朗読劇)
・農業少女(2007年8月30日・31日・9月1日、渋谷ギャラリールデコ)
・ルドンの黙示(2008年8月20日 – 24日、全7回公演、新国立劇場小劇場)
・ネジと紙幣 based on 女殺油地獄(2009年9月17日 – 27日、天王洲 銀河劇場 他)
・鎌塚氏、すくい上げる(2012年8月9日 – 26日、本多劇場 他)
・100万回生きたねこ(2013年1月8日 – 27日、東京芸術劇場 他)主演
・いやむしろわすれて草(2013年5月16日 – 26日、青山円形劇場)主演
・秋のソナタ(2013年10月25日 – 11月3日、東京芸術劇場)
・ハムレット(2015年1月22日 – 2月15日、彩の国さいたま芸術劇場 他)
・かもめ(2016年10月 – 12月、東京芸術劇場プレイハウス 他)
・百鬼オペラ「羅生門」(2017年9月8日 – 25日、Bunkamura シアターコクーン 他)主演

ドキュメンタリー

・ザ ノンフィクション「せとうち発 潜水家族」(2011年12月11日)
・ヒューマンドキュメンタリー「車輪の一歩 激闘 車いすバスケット」(2011年12月30日)
・BS1スペシャル 「それでも日本人ジャーナリストは戦場に立つ」(2013年6月1日、NHK BS1)
・7年ごとの記録 28歳になりました(2013年8月、NHK)
・女優 満島ひかり まだ見ぬ世界へ~シェークスピアに挑む~(2015年2月25日、NHK BSプレミアム)
・SWITCHインタビュー 達人達 満島ひかり×海部陽介(2017年7月15日、Eテレ)
・にっぽん紀行「ガミガミおばちゃんの駄菓子屋」(2018年3月29日、NHK)

▲目次へ戻る

 

4.満島ひかりさんの受賞歴

・モントリオール・ファンタジア国際映画祭 最優秀女優賞(「愛のむきだし」、2009年)
・第1回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(「愛のむきだし」「プライド」、2009年)
・第34回報知映画賞 新人賞(「愛のむきだし」「クヒオ大佐」「プライド」、2009年)
・第31回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(「愛のむきだし」「クヒオ大佐」「プライド」、2009年)
・第83回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(「愛のむきだし」「クヒオ大佐」「プライド」、2009年)
・第64回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(「愛のむきだし」、2009年)
・第14回日本インターネット映画大賞 新人賞(「愛のむきだし」「クヒオ大佐」「プライド」、2009年)
・第19回日本映画プロフェッショナル大賞 新人奨励賞(「プライド」、2009年)
・第19回日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞)(「愛のむきだし」、2009年)
・モントリオール・ファンタジア国際映画祭 最優秀女優賞(「川の底からこんにちは」、2010年)
・第34回山路ふみこ映画賞 新人女優賞(「悪人」、2010年)
・第32回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(「カケラ」「川の底からこんにちは」、2010年)
・第34回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(「悪人」、2010年)
・第15回日本インターネット映画大賞 助演女優賞(「悪人」他、2010年)
・第35回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(「一命」、2011年)
・第6回アジア・フィルム・アワード 助演女優賞ノミネート(「一命」、2011年)
・東京ドラマアウォード 助演女優賞(「モテキ」「さよならぼくたちのようちえん」、2011年)
・エランドール賞 新人賞(2011年)
・第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(「北のカナリアたち」、2012年)
・第20回橋田賞 新人賞(「それでも、生きてゆく」「おひさま」他、2012年)
・第21回読売演劇大賞 杉村春子賞(「100万回生きたねこ」「いやむしろわすれて草」、2013年)
・53rd ACC CM Festival クラフト賞 テレビCM部門 演技賞(「カロリーメイト」「TOYOTOWN」、2013年)
・第40回放送文化基金賞 演技賞(「Woman」、2014年)
・東京ドラマアウォード 主演女優賞(「Woman」、2014年)
・第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(「ごめんね青春!」、2014年)
・第39回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(「駆込み女と駆出し男」、2015年)
・第25回日本映画批評家大賞 助演女優賞(「駆込み女と駆出し男」、2015年)
・第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞(「ど根性ガエル」、2015年)
・第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(「ど根性ガエル」、2015年)
・第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(「トットてれび」、2016年)
・コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 主演女優賞(「トットてれび」、2016年)
・第9回TAMA映画賞 最優秀女優賞(「海辺の生と死」「愚行録」、2017年)
・第32回高崎映画祭 最優秀主演女優賞(「海辺の生と死」、2017年)
・第54回ギャラクシー賞 テレビ部門個人賞(「トットてれび」「シリーズ・江戸川乱歩短編集II妖しい愛の物語」「カルテット」、2017年)
・第43回放送文化基金賞 演技賞(「トットてれび」、2017年)
・第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(「監獄のお姫さま」、2017年)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする