2018年の24時間テレビのマラソンランナーは?歴代走者を振り返りつつ…

今年の24時間テレビのマラソンランナーは みやぞん に内定!とのニュースが飛び込んできました。

昨年は、当日にランナー発表という 色々とお騒がせな演出でしたが、果たして今年はどのように決定するのでしょうか?
正式発表が待たれるところです。

そこで、ブレイク中の みやぞん さんと、24時間テレビの過去のマラソンランナーについてまとめたいと思います。

目次

1.みやぞんさんのプロフィール
2.24時間テレビの歴代走者

1.みやぞんさんのプロフィール


・本名:宮園 大耕(みやぞの だいこう)
・生年月日:1985年4月25日
・出身地:東京都足立区
・身長:172cm
・血液型:A型
・趣味:野球、格闘技、ギター
・デビューのきっかけ:幼馴染の相方あらぽん(荒木 祐)とANZEN漫才を結成して浅井企画に所属。


ANZEN漫才の歴史
・中学卒業時、相方 あらぽんに誘われて「mix」という名前のお笑いコンビを結成し、高校を卒業後から約5年間、ライブハウスで前説や漫才などのネタを披露していた。

・ANZEN漫才としてデビューする前の2007年に、オーディションを受け、ドラマ「プロポーズ大作戦」に、野球部員役としてテレビ初出演。

・2009年11月、プロとしてコンビ結成し、みやぞんの知り合いを通じてウド鈴木に会ったことをきっかけに、ウド鈴木と同じ事務所に所属したいと浅井企画を目指し、無事所属。

・2013年、二人の出身地である足立区についての楽曲「足立区の歌」を自主制作し、足立区CMグランプリでユーモア賞、ハートフル賞を足立区長より受賞。

・2015年、お笑いバトルライブ「登猿門 グランドチャンピオン大会」で優勝。

▲目次へ戻る

 

こんな記事も読まれています

おすすめの最新記事(外部サイト)


2.24時間テレビの歴代走者

第40回(2017年) ブルゾンちえみ 27歳 90km

 
第39回(2016年) 林家たい平 51歳 100.5km

 
第38回(2015年) DAIGO 37歳 100km

 
第37回(2014年) 城島 茂(TOKIO) 43歳 101km

 
第36回(2013年) 大島美幸(森三中) 33歳 88km

 
第35回(2012年) 佐々木健介・北斗晶一家 合計120km

 
第34回(2011年) 徳光和夫 70歳 43.7km程度

 
第33回(2010年) はるな愛 38歳 85km

 
第32回(2009年) イモトアヤコ 23歳 126.585km

 
第31回(2008年) エド・はるみ 113km

 
第30回(2007年) 萩本欽一 66歳 70km

 
第29回(2006年) アンガールズ 田中・山根30歳 100km

 
第28回(2005年) 丸山和也 59歳 100km

 
第27回(2004年) 杉田かおる 39歳 100km

 
第26回(2003年) 山田花子 28歳 110km

 
第25回(2002年) 西村知美 31歳 100km

 
第24回(2001年) 研ナオコ 48歳 85km

 
第23回(2000年) トミーズ雅 40歳 150km
 
第22回(1999年) にしきのあきら 50歳 110km
 
第21回(1998年) 森田剛(V6) 19歳 100km
 
第20回(1997年) 山口達也(TOKIO) 25歳 100km
 
第19回(1996年) 赤井英和 37歳 100km
 
第18回(1995年) 間寛平 46歳 600km
 
第17回(1994年) ダチョウ倶楽部 肥後・寺門31歳・上島33歳 100km
 
第16回(1992年) 間寛平 43歳 200km
 
第15回(1992年) 間寛平 43歳 153km
 
番組が終了する頃ゴールできるように、走行距離で調整しているんですね。
にしても、間寛平さん。46歳の時に600kmって。。。

▲目次へ戻る

おすすめ外部サイトの最新記事

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする