イケメン独身俳優最後の砦!!!俳優 佐々木蔵之介さんのこれまで!

たとえ主演ではなくても、確かな演技力でその存在感を発揮し、長い間 高い人気を維持し続けている 俳優の佐々木蔵之介さん。

俳優の古川雄輝さんから「頭の回転の早い俳優」として憧れられている 佐々木蔵之介さんについて、これまでの作品やエピソードなどを振り返りたいと思います。

目次

1.佐々木蔵之介さんのプロフィール
2.佐々木蔵之介さんのエピソード
3.佐々木蔵之介さんの出演作品
4.佐々木蔵之介さんの受賞歴

1.佐々木蔵之介さんのプロフィール


・本名:佐々木 秀明
・生年月日:1968年2月4日
・出身地:京都府京都市上京区
・身長:182 cm
・血液型:O型
・デビュー:1990年
・所属劇団:惑星ピスタチオ(1990年~1998年)
・所属事務所:ケイファクトリー
 

佐々木蔵之介さんのあゆみとエピソード

・1968年、洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造3代目・佐々木勝也の次男として誕生。

・一般人の兄と佐々木酒造 4 代目社長である弟の 3 兄弟。

・ノートルダム学院小学校、京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。

・家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部に進学後、3 年次に神戸大学農学部に編入学。

・大学ではバイオテクノロジーや酒米の研究をした。

・大学卒業後の1992年、広告代理店 大広に入社(ますだおかだの増田英彦さんと同期)。

・会社員と劇団活動とを並行して行っていたが、入社から 2 年半後に退社。

・神戸大学に入学した1990年、劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加。1998年の「大切なバカンス」を最後に退団まで看板俳優として全作品に出演。客演も多く、関西を中心に活動していた。

・劇団「惑星ピスタチオ」退団後に上京し、テレビドラマや映画へと活動範囲を広げる。

・2000年、NHK連続テレビ小説「オードリー」に出演して脚光を浴び、以降、脇を固める俳優として多数の話題作に出演。

・2006年、映画「間宮兄弟」で映画初主演。

・2008年、ドラマ「ギラギラ」でゴールデン帯での連続ドラマ初主演。

・2009年に始まった主演ドラマ「ハンチョウ~神南署安積班~」はシリーズ化された(シリーズ 5 より「ハンチョウ~警視庁安積班~」)。

・2014年3月、四代目市川猿之助主演の舞台「スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者-若き仏師の物語」で歌舞伎デビュー(当時、歌舞伎役者以外の俳優が歌舞伎に出演するのは異例のこと)。

・多数のドラマや映画に出演する一方、舞台を自身のルーツとしており、2008年を除いては毎年必ず舞台に出演している。

・2005年には「観客と緊密な距離で息遣いまでも感じられる舞台を、若く新しい才能と共に創りたい」との思いから、演劇ユニット「Team 申(チームさる)」を立ち上げ、随時舞台公演を企画・出演している(ユニット名はご自身が申年生まれであることに由来)。

・2015年10月12日、京都国際観光大使に任命。

▲目次へ戻る

 

2.佐々木蔵之介さんのエピソード

・酒豪であり、共演者ともよく飲みに行く。

・実家の職業柄、利き酒も得意。

・トーク番組やインタビューでは京都弁を交えて話す事が多い。

・特に仲の良い芸能人は四代目市川猿之助(大河ドラマ「風林火山」での共演をきっかけに仲良くなった)。

・好きな食べ物はブドウ(母親が山梨県出身)。

・2011年夏、沖縄で小型船舶免許1級を取得。

・演出家の白井晃さんから、「自分や物事を俯瞰で見ている眼をしている」と評されている。

・「蔵之介」という芸名は父親による命名である(大学1年の時、演劇サークルの先輩から新人公演に使う芸名をいきなり電話で訊かれ迷っていたところ、隣で一緒に野球中継を見ていた父親が実家の職業と大石内蔵助の名前を掛け「蔵之介」と命名)。

・大学時代に演劇サークルに入ったのは、家業を継ぐため少しでも人前に立つのが苦にならないようにするためであった。

・広告代理店に就職したのも 販売戦略などを学ぶためであり、家業継承が念頭にあってのことだった。

・俳優になる際は、家業を継ぐ予定であったため家族から反対されたが、NHK連続テレビ小説「オードリー」(2000年)に出演した頃には認めてもらい、実家の酒造からは「オードリー」という銘柄の日本酒も販売された。

・主演ドラマ「ハンチョウ」の放送時期にも期間限定で「ハンチョウ」という銘柄の特別純米酒が販売された。

・日野・デュトロのCM「実家におすすめ 佐々木酒造」篇(2011年7月1日~)では実父と共演。

・現在は実弟が家業を継いでいる。

▲目次へ戻る

 

3.佐々木蔵之介さんの出演作品

映画

・ストップモーション(1999年) – 原口 役

・Jam Films「HIJIKI」(2002年12月28日、アミューズピクチャーズ) – 主演

・船を降りたら彼女の島(2003年2月15日、アルタミラピクチャーズ) – 河野創平 役

・踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年7月19日、東宝) – 警視庁刑事部捜査一課捜査員 役

・東京フレンズ(2005年6月3日、エイベックス・エンタテインメント) – 小橋亨 役 ※DVDドラマ

・東京フレンズ The Movie(2006年8月12日、松竹) – 小橋亨 役

・電車男(2005年6月4日、東宝) – ひさし 役

・サマータイムマシン・ブルース(2005年9月3日、東芝エンタテインメント) – 保積光太郎 役

・県庁の星(2006年2月25日、東宝) – 桜井圭太 役

・間宮兄弟(2006年5月13日、アスミック・エース) – 間宮明信 役(ドランクドラゴン・塚地武雅とのダブル主演)

・UDON(2006年8月26日、東宝) – 保積光太郎 役※カメオ出演

・アキハバラ@DEEP(2006年9月2日、東映) – 中込威 役

・虹の女神 Rainbow Song(2006年10月28日、東宝) – 樋口慎佑 役

・アジアンタムブルー(2006年11月18日、角川ヘラルド映画) – 川上音彦 役

・愛の流刑地(2007年1月13日、東宝) – 稲葉喜重 役

・憑神(2007年6月23日、東映) – 別所左兵衛 役

・椿三十郎(2007年12月1日、東宝) – 木村 役

・ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年4月5日、ギャガ) – 駐在さん 役

・アフタースクール(2008年5月24日、クロックワークス) – 北沢雅之 役

・本格科学冒険映画 20世紀少年 3部作(東宝) – フクベエ(服部哲也)役

・20世紀少年〈第1章〉 終わりの始まり(2008年8月30日)

・20世紀少年〈第2章〉 最後の希望(2009年1月31日)

・20世紀少年〈最終章〉 ぼくらの旗(2009年8月29日)

・誰も守ってくれない(2009年1月24日、東宝) – 梅本孝治 役

・守護天使(2009年6月20日、エイベックス・エンタテインメント) – 村岡昌志 役

・群青 愛が沈んだ海の色(2009年6月27日、20世紀フォックス) – 仲村龍二 役

・曲がれ!スプーン(2009年11月21日、東宝)※カメオ出演

・おにいちゃんのハナビ(2010年9月25日、ゴー・シネマ) – 関山高志 役

・大奥 (2010年10月1日、松竹 / アスミック・エース) – 藤波 役

・岳-ガク-(2011年5月7日、東宝) – 野田正人 役

・グスコーブドリの伝記(2012年7月7日、ワーナー・ブラザース映画) – コトリ 役 (声の出演)

・ボクたちの交換日記(2013年3月23日、ショウゲート) – 川野純也 役

・少年H(2013年8月10日、東宝) – 久門教官 役

・超高速!参勤交代(2014年6月21日、松竹) – 内藤政醇 役

・超高速!参勤交代 リターンズ(2016年9月10日、松竹) – 内藤政醇 役

・ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年3月7日、松竹) – 藤野剛 役

・ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年4月11日、松竹) – 藤野剛 役

・夫婦フーフー日記(2015年5月30日、ショウゲート) – 清水浩太(ダンナ) 役(永作博美とのダブル主演)

・の・ようなもの のようなもの(2016年1月16日、松竹) – みやげ物屋の店主 役

・残穢 – 住んではいけない部屋 -(2016年1月30日、松竹) – 平岡芳明 役

・エヴェレスト 神々の山嶺(2016年3月12日、東宝) – 長谷渉 役

・破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年1月28日、松竹) – 桑原保彦 役(横山裕とのダブル主演)

・3月のライオン 前編(東宝 / アスミック・エース、2017年3月18日) – 島田開 役

・3月のライオン 後編(東宝 / アスミック・エース、2017年4月22日) – 島田開 役

・美しい星(2017年5月26日、ギャガ) – 黒木克己 役

・花戦さ(2017年6月3日、東映) – 前田利家 役

・嘘八百(2018年、ギャガ)

・空飛ぶタイヤ (2018年6月15日公開、松竹) – 相沢寛久 役

・空母いぶき(2019年公開予定) – 新波歳也 役

こんな記事も読まれています


ドラマ

・コワイ童話「不思議の国のアリス」(1999年6月 – 7月、TBS) – 有栖川司 役
・女医(1999年7月 – 9月、日本テレビ・読売テレビ)
・連続テレビ小説(NHK)
・オードリー(2000年10月 – 2001年3月) – 幹幸太郎 役
・ひよっこ(2017年4月 – 2017年9月) – 牧野省吾 役
・本家のヨメ(2001年10月 – 12月、日本テレビ・読売テレビ) – 奥山登 役
・ハンドク!!!(2001年10月 – 12月、TBS) – 高野誠 役
・東野圭吾ミステリー 「悪意」(2001年11月 – 12月、NHK) – 野々口修 役
・サトラレ(2002年7月 – 9月、テレビ朝日) – 吉川俊介 役
・美女か野獣(2003年1月 – 3月、フジテレビ) – 古袋博 役
・あなたの人生お運びします!(2003年4月 – 6月、TBS) – 駒井勇介 役
・クニミツの政(2003年7月 – 9月、フジテレビ・関西テレビ) – 不破俊一 役
・元カレ(2003年7月 – 9月、TBS) – 藤枝徹 役
・白い巨塔(2003年10月 – 2004年3月、フジテレビ) – 竹内雄太 役
・離婚弁護士(2004年4月 – 6月、フジテレビ) – 柳田俊文 役
・離婚弁護士 新春スペシャル(2005年1月6日)
・離婚弁護士II~ハンサムウーマン~(2005年4月 – 6月)
・ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏(2004年7月 – 9月、日本テレビ) – 小田聡 役
・ルームシェアの女(2005年1月 – 3月、NHK) – 杉田修平 役
・Mの悲劇(2005年1月 – 3月、TBS) – 久保(松本)明 役
・柳生十兵衛七番勝負(2005年4月 – 5月、NHK) – 由比富士太郎 役
・今夜ひとりのベッドで(2005年10月 – 12月、TBS) – 久住俊介 役
・医龍 -Team Medical Dragon-(2006年4月 – 6月、フジテレビ) – 藤吉圭介 役
・医龍 -Team Medical Dragon- 2(2007年10月 – 12月)
・医龍 -Team Medical Dragon- 3(2010年10月 – 12月)
・医龍 -Team Medical Dragon- 4(2014年1月 – 3月)
・下北サンデーズ(2006年7月 – 9月、テレビ朝日) – あくたがわ翼 役
・僕の歩く道(2006年10月 – 12月、フジテレビ・関西テレビ) – 大竹秀治 役
・笑える恋はしたくない(2006年12月1日 – 15日、TBS) – 魚住悟 役
・大河ドラマ 風林火山(2007年、NHK) – 真田幸隆 役
・バンビ~ノ!(2007年4月 – 6月、日本テレビ) – 桑原敦 役
・斉藤さん(2008年1月 – 3月、日本テレビ) – 真野透 役
・鹿男あをによし(2008年1月 – 3月、フジテレビ) – 福原重久 役
・絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~(2008年4月 – 6月、フジテレビ) – 並切岳 役
・絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~ 最終章スペシャル(2009年3月24日)
・モンスターペアレント(2008年7月 – 9月、フジテレビ・関西テレビ) – 三浦圭吾 役
・ギラギラ(2008年10月 – 12月、朝日放送・テレビ朝日) – 七瀬公平 役
・トライアングル(2009年1月 – 3月、フジテレビ・関西テレビ) – 秋本了 役
・ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ1(2009年4月 – 7月、TBS) – 安積剛志 役
・ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ2(2010年1月 – 3月)
・ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ3(2010年7月 – 9月)
・ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ4 ~正義の代償~(2011年4月 – 6月)
・ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ5(2012年4月 – 6月)
・ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6(2013年1月 – 3月)
・オルトロスの犬(2009年7月 – 9月、TBS) – 沢村敬之 役
・チャレンジド(2009年10月 – 11月、NHK) – 塙啓一郎 役
・チャレンジド~卒業~ (2011年5月14日・21日)
・不毛地帯(2009年10月 – 2010年3月、フジテレビ) – 秋津清輝 役
・秘密(2010年10月 – 12月、テレビ朝日) – 杉田平介 役
・僕とスターの99日(2011年10月 – 12月、フジテレビ) – 高鍋大和 役
・恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方(2012年1月 – 3月、TBS) – 松本直哉 役
・お天気お姉さん(2013年4月 – 6月、テレビ朝日) – 三雲三平 役
・救命病棟24時 第5シリーズ(2013年7月 – 9月、フジテレビ) – 本庄雅晴 役
・ゼロの真実~監察医・松本真央~(2014年7月 – 9月、テレビ朝日) – 屋敷一郎 役
・怪盗 山猫(2016年1月 – 3月、日本テレビ) – 関本修吾 役
・僕のヤバイ妻(2016年4月 – 6月、フジテレビ・関西テレビ) – 木暮久雄 役
・コウノドリ 第2シリーズ(2017年10月 – 12月、TBS) – 萩島勝秀 役
・FINAL CUT(2018年1月 – 3月、フジテレビ) – 高田清一郎 役
・黄昏流星群(2018年10月 – 12月(予定)、フジテレビ) – 瀧沢完治 役
・天国に一番近い男 第8話(1999年2月26日、TBS) – 甘粕一郎 役
・JUDGE CAFE(2001年、BS-i) – ハルヒコ 役
・金曜日の恋人たちへ 第2話 – 第6話(2000年1月21日 – 2月17日、TBS) – 山下真人 役
・TOYD(2002年3月24日、WOWOW) – 蓮見幸雄 役
・金曜エンタテイメント
・えなりかずきの少年探偵 事件でござる(2002年5月17日、フジテレビ) – 北小路博 役
・スチュワーデス刑事8(2004年1月16日、フジテレビ) – 高野和雄 役
・Love Story 第6話・第7話・最終話(2001年5月20日・27日・6月24日、TBS) – 小林正志 役
・First Love 第7話(2002年5月29日、TBS) – 伊藤弁護士 役
・ホーム&アウェイ 第9話(2002年12月2日、フジテレビ) – 九重保 役
・われ、晩節を汚さず~新夫婦善哉~(2003年1月25日、NHK) – マキノ省三 役
・御宿かわせみ 第2話(2003年4月11日、NHK) – 五井兵馬 役
・ニューカマーズ オンナの感(2003年6月14日、フジテレビ) – 宮本正彦 役
・独身3!! 第3話(2003年10月24日、テレビ朝日) – 上野公平 役
・ハコイリムスメ! 第5話(2003年11月4日、フジテレビ・関西テレビ) – 西谷弘一 役
・サントリーミステリー大賞 運命が見える手(2003年11月15日、テレビ朝日) – 梅島永治 役
・ほんとにあった怖い話「迷子」(2004年2月7日、フジテレビ) – 川越健介 役
・ビー・バップ・ハイスクール(2004年6月16日、TBS) – 早乙女憲二 役
・恋のから騒ぎ ドラマスペシャル~Love Stories~「三十路の女」(2004年9月25日、日本テレビ) – 坂本雄太郎 役
・優しい時間 第3・8話(2005年1月27日・3月3日、フジテレビ) – 松田 役
・月曜ミステリー劇場 警察庁・内偵監察官 桜沢葵の事件簿(2005年3月7日、TBS) – 杉山良平 役
・ボイスレコーダー~残された声の記録~ジャンボ機墜落20年目の真実(2005年8月12日、TBS)
・世にも奇妙な物語’05秋の特別編「越境」(2005年10月4日、フジテレビ) – 柴田錬 役
・TBSテレビ五十周年新春スペシャルドラマ 里見八犬伝(2006年1月、TBS) – 山下定包 役
・喰いタン 第8話・最終話(2006年3月4日・11日、日本テレビ) – 結城寛 役
・キッチン・ウォーズ(2006年2月25日、フジテレビ) – 香坂哲也 役
・遙かなる約束(2006年11月25日、フジテレビ) – 安岡 役
・死ぬかと思った 第13話「四十九日」(2007年6月30日、日本テレビ) – 加瀬真治 役
・名探偵コナン ドラマスペシャル第2弾 工藤新一の復活! 黒の組織との対決(2007年12月17日、日本テレビ・読売テレビ) – ジン 役
・猟奇的な彼女 第4話・第5話(2008年5月11日・18日、TBS) – 森中進 役
・私が初めて創ったドラマ「奉納イデア毛抜き祭」(2010年10月15日、NHK BShi)
・松本清張ドラマスペシャル 砂の器(2011年9月10日・11日、テレビ朝日) – 和賀英良 役
・パパドル! 第6話(2012年5月31日、TBS) – 本人 役
・金曜プレステージ 塔馬教授の天才推理シリーズ(フジテレビ) – 塔馬双太郎 役
・隠岐島の黄金伝説殺人事件(2012年6月1日)
・湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件(2014年9月19日)
・コドモ警察 第9話(2012年6月12日、TBS) – 安積剛志 役
・こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~(2013年11月25日、TBS) – 片山幸文 役
・プレミアムドラマ その日のまえに(2014年3月23日・30日、NHK BSプレミアム) – 原田健輔 役
・読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ 天才を育てた女房(2018年2月23日、読売テレビ) – 岡潔 役

舞台

・劇団惑星ピスタチオ(1990年 – 1998年)※退団までの全公演
・遊気舎「地元民は怪力」(1993年)
・演劇集団キャラメルボックス「俺たちは志士じゃない」(1994年)
・MOTHER「ジャンキースクエア」(1996年)
・G2プロデュース「12人の入りたい奴ら」(1997年)
・プラチナペーパーズ「煽動する女」
・「ロマンチック・コメディ」(PARCO劇場)(1998年)
・中島らも事務所プロデュース「一郎ちゃんがいく。」(1998年)
・自転車キンクリートSTORE「絢爛とか爛漫とか」(1998年)
・Bunkamura創立10周年記念特別公演「夏の夜の夢」(1999年1月)
・NODA・MAP 第6回公演「半神」(1999年4月 – 5月、シアターコクーン)
・T.P.T「債鬼」(1999年9月 – 10月、ベニサン・ピット)
・自転車キンクリートSTORE「マクベス」(1999年12月、全労済ホールスペース・ゼロ)
・T.P.T「LONG AFTER LOVE」(2000年3月 – 4月、ベニサン・ピット)
・ホリプロ「パーフェクト・デイズ」(2000年6月、世田谷パブリックシアター)
・Vamp Show(2001年6月 – 7月、PARCO劇場、大阪シアタードラマシティ)- 坂東正勝 役
・LOVE LETTERS(2001年・2003年・2006年・2007年、PARCO劇場他)
・おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)
・二兎社「新・明暗」(2002年10月、シアタートラム)
・おはつ(2004年1月、新橋演舞場)- 直助 役
・二兎社「新・明暗」再演(2004年10月、世田谷パブリックシアター)
・演劇ユニット・Team申公演
・第1回公演「時には父のない子のように」(2005年6月、三鷹市芸術文化センター)
・第2回公演「抜け穴の会議室」(2007年11月 – 12月、赤坂RED / THEATER)
・第3回公演「狭き門より入れ」(2009年8月 – 9月、PARCO劇場)
・第4回公演「抜け穴の会議室~Room No.002~」(2010年12月 – 2011年1月、PARCO劇場)
・番外公演~今、僕らが出来ること~ 朗読劇「家守綺譚」(2011年9月、森ノ宮ピロティホール)
・番外公演II~今、僕らが出来ること~ 朗読劇「幻色江戸ごよみ」(2012年3月、PARCO劇場)
・番外公演III~今、僕らができること~朗読劇「お文の影」「野槌の墓」(2012年5月、京都・春秋座、大阪・森ノ宮ピロティホール、渋谷・さくらホール)
・クラウディアからの手紙(2006年1月、世田谷パブリックシアター)
・こまつ座 私はだれでしょう(2007年1月、紀伊國屋サザンシアター)- フランク馬場 役
・幽霊たち(2011年6月 – 7月、PARCO劇場)- ブルー 役
・二兎社「こんばんは、父さん」(2012年10月 – 11月、世田谷パブリックシアター)
・非常の人 何ぞ非常に ~奇譚 平賀源内と杉田玄白~(2013年7月、PARCO劇場)- 平賀源内 役
・スーパー歌舞伎II 空ヲ刻ム者-若き仏師の物語(2014年3月、新橋演舞場、4月、大阪松竹座)- 一馬 役
・ロンドン版 ショーシャンクの空に(2014年12月、シアタークリエ)- アンディ・デュフレーン 役
・マクベス(2015年7月 – 8月、PARCO劇場)- 患者 役
・BENT(2016年7月、世田谷パブリックシアター、他)- マックス 役
・リチャード三世(2017年10月、東京芸術劇場 プレイハウス、森ノ宮ピロティホール、盛岡市民文化ホール 大ホール、日本特殊陶業市民会館)- グロスタ公リチャード 役
・ゲゲゲの先生へ(2018年10月、東京芸術劇場 プレイハウス ※長野、大阪、愛知、宮崎、福岡、新潟を巡演予定)

▲目次へ戻る

 

4.佐々木蔵之介さんの受賞歴

・第1回ユリスナルダンアワード(2008年)

・第17回読売演劇大賞 優秀男優賞受賞(2010年、舞台「狭き門より入れ」)

・第17回ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー 著名人部門(2010年)

・第47回紀伊國屋演劇賞 個人賞受賞(2012年、舞台「こんばんは、父さん」)

・第38回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(2015年、「超高速!参勤交代」)

・第40回菊田一夫演劇賞(2015年、舞台「ロンドン版 ショーシャンクの空に」)

・第14回COTTON USAアワード Mr.COTTON USA(2017年)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする