実力派ジャニーズ俳優!二宮和也さんのこれまで!

ジャニーズの大人気グループ「嵐」の一員でありながら、映画やドラマではその圧倒的な存在感と演技力に魅了される俳優の二宮和也さん。

そんな二宮和也さんについて、これまでの作品やエピソードなど紹介します。

目次

1.二宮和也さんのプロフィール
2.二宮和也さんのエピソード
3.二宮和也さんの出演作品
4.二宮和也さんの受賞暦

1.二宮和也さんのプロフィール


・本名:二宮 和也
・生年月日:1983年6月17日
・出生地:東京都葛飾区
・身長:168cm
・血液型:A型[3]
・デビュー:1996年
・所属事務所:ジャニーズ事務所

二宮和也さんのこれまで

1997年
・7月、「STAND BY ME」で舞台初出演。

1998年
・1月、「元旦特別企画・松本清張原作『天城越え』」でテレビドラマ初出演。

1999年
・4月、「あぶない放課後」でテレビドラマ初W主演。
・9月15日、「嵐」としてデビュー。
・11月3日、 「A・RA・SHI」でCDデビュー。

2002年
・映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」で映画初出演。

2003年
・映画「青の炎」で映画初単独主演(監督の故蜷川幸雄さんに「繊細ないい演技ができるようになった」と評価される)。
・「Stand Up!!」で連続ドラマ単独初主演。

2004年
・故蜷川幸雄演出の舞台「シブヤから遠く離れて」の主役に抜擢(舞台初主演)。

2006年
・映画「鉄コン筋クリート」で声優初出演、初主演。
・映画「硫黄島からの手紙」でハリウッド作品初出演し、アメリカで高い評価を受ける(ハリウッドデビューはジャニーズ事務所所属タレント初、アカデミー賞ノミネート・授賞作品ともに出演は日本のアイドル初)。
・3月22日に放映された「少しは、恩返しができたかな」で橋田賞を受賞。

2007年
・「マラソン」で 第62回文化庁芸術祭テレビ部門「放送個人賞」を受賞(同賞を俳優に表彰するのは初)。
・「マラソン」で 2007年9月度月間ギャラクシー賞「個人賞」を受賞。

2008年
・連続ドラマ「流星の絆」で第49回モンテカルロ・テレビ祭のテレビフィルム部門「男優賞」候補にノミネート。
・CNNの「まだ世界的に名前が知られていないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれた[14]。

2009年
・「流星の絆」と「DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン~」で第46回ギャラクシー賞「個人賞」を受賞。

2011年
・「フリーター、家を買う。」で「東京ドラマアウォード 2011」主演男優賞受賞。

2012年
・24時間テレビ内のスペシャルドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」に主演し、役柄に合わせて金髪にする。
・出演したポッキーのCMで、スタッフの制作したキャラクター「デビルニノ」が、「最も大きいビスケットスティックのモザイクアート」としてギネス世界記録の認定を受ける。

2013年
・3月16日、主演映画「プラチナデータ」が公開。
・4月25日、初の冠番組「ニノさん」が放送開始。

2014年
・4月12日、主演ドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」が放送開始。

2015年
・1月11.12日に二夜連続で放送の「フジテレビ開局55周年特別ドラマ オリエント急行殺人事件」に出演。
・3月21日公開の映画「暗殺教室」にて、殺せんせー役の声優を務める(9年ぶりに声優として映画出演)。

2016年
・2月14日、映画「母と暮せば」でキネマ旬報ベスト・テンを初受賞。
・3月4日、映画「母と暮せば」で 第39回日本アカデミー賞の授賞式で最優秀主演男優賞を受賞。

2017年
・11月3日、主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が公開。
・第68回NHK紅白歌合戦の白組司会を務める。

2018年
・4月に主演ドラマ「ブラックペアン」がTBS系で放送開始。
・8月24日、映画「検察側の罪人」が公開予定(木村拓哉と映画初共演)。

▲目次へ戻る

 

2.二宮和也さんのエピソード

・映画「硫黄島からの手紙」の演技が評価され、ジャニーズ初のアカデミー賞候補に選ばれた。

・2005年に「硫黄島からの手紙」のオーディションを受けた際に、映画「青の炎」と台本を読んだ姿を撮ったビデオテープを観たクリント・イーストウッド監督から、「類まれなる才能」と評され、当初清水役を受けに来た二宮さんを西郷役に採用し、年齢設定など脚本を一部変更した。

・ロサンゼルス・タイムズ紙が映画「硫黄島からの手紙」でハリウッドデビューした二宮さんの特集記事を掲載。

・CNNの「まだ世界的に名前が知られていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれる。

・二宮さんご自身は「芝居のうまい人はいくらでもいる。監督や共演者、作品全体のパワーバランスがきれいな形を描くように、自分がアクセントになれたら。そのためにもアイドルでいた方がいいし、いたいと思う」と語っている。

・山田洋次監督作品「母と暮せば」で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。

・自他ともに認めるゲーマーで、多数のゲーム機を所有している。

・休日には一日中ゲームをしていることもある。

・2014年に発売された嵐のアルバム「THE DIGITALIAN」では、ゲーム好きである二宮さんが動画サイトを通じてまらしぃさんの存在を知り、まらしぃさんにピアノを弾いてもらいたいと言ったことがきっかけで、まらしぃさんが二宮さんのソロ曲である「メリークリスマス」でピアノ演奏を担当することになった。

こんな記事も読まれています


▲目次へ戻る

 

3.二宮和也さんの出演作品

映画

・ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY(2002年)恩田琢磨(タクマ) 役
・青の炎(2003年)櫛森秀一 役
・ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY(2004年)恩田琢磨(タクマ) 役
・硫黄島からの手紙(2006年)西郷昇 役
・黄色い涙(2007年)村岡栄介 役
・ヘブンズ・ドア(2009年)ホスト 役(友情出演)
・大奥(2010年)水野祐之進 役
・GANTZ(2011年)玄野計 役
・GANTZ PERFECT ANSWER(2011年)玄野計 役
・プラチナデータ(2013年)神楽龍平 / リュウ 役
・ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY(2014年)恩田琢磨(タクマ) 役
・暗殺教室(2015年)殺せんせー(声) 役
・母と暮せば(2015年)福原浩二 役
・暗殺教室 -卒業編-(2016年)殺せんせー(声) / 死神 役
・ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~(2017年)佐々木充 役
・検察側の罪人(2018年)沖野啓一郎 役

ドラマ

・元旦特別企画・松本清張原作「天城越え」(1998年1月1日、TBS)西浦多吉(少年期)役
・二十六夜参り(1998年8月17日、TBS)沖田明雅伍長 役(回想シーン)
・あきまへんで!(1998年10月9日~12月18日、TBS)青木大樹 役
・熱血恋愛道 第1話「case1:射手座のO型BOY」(1999年1月10日、日本テレビ)近藤トシヤ 役
・あぶない放課後(1999年4月12日~6月21日、テレビ朝日)夏木勝幸 役
・怖い日曜日~第8回「ここだったか」(1999年8月29日、日本テレビ)主演
・Vの嵐(1999年10月11日~29日、フジテレビ)二宮和也 役
・涙をふいて(2000年10月11日~12月20日、フジテレビ)淵上健太 役
・ハンドク!!!(2001年10月10日~12月12日、TBS)坂口ノブ 役
・熱烈的中華飯店(2003年1月8日~3月12日、フジテレビ)名波健太 役
・Stand Up!!(2003年7月4日~9月12日、TBS)浅井正平 役
・南くんの恋人(2004年7月8日~9月16日、テレビ朝日)南進 役
・優しい時間(2005年1月13日~3月24日、フジテレビ)湧井拓郎 役
・少しは、恩返しができたかな(2006年3月22日、TBS)北原和憲 役
・拝啓、父上様(2007年1月11日~3月16日、フジテレビ)田原一平 役
・山田太郎ものがたり(2007年7月6日~9月14日、TBS)山田太郎 役
・マラソン(2007年9月20日、TBS)宮田彰太郎 役
・魔王 第1話(2008年7月4日、TBS)熊田正義 役(友情出演)
・流星の絆(2008年10月17日~12月19日、TBS)有明功一 役
・DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン~(2009年3月29日、TBS)倉沢英雄 役
・JNN50周年記念ドラマ「天国で君に逢えたら」(2009年9月24日、TBS)野々上純一 役
・新春スペシャルドラマ「最後の約束」(2010年1月9日、フジテレビ)山際修司 役
・夏の恋は虹色に輝く 最終話(2010年9月20日、フジテレビ)照明係 役(友情出演)
・フリーター、家を買う。(2010年10月19日~12月21日、フジテレビ)武誠治 役
・フリーター、家を買う。スペシャル(2011年10月4日、フジテレビ)武誠治 役
・24時間テレビ「車イスで僕は空を飛ぶ」(2012年8月25日、日本テレビ)長谷部泰之 役
・弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~(2014年4月12日~6月21日、日本テレビ)田茂青志 役
・フジテレビ開局55周年特別ドラマ「オリエント急行殺人事件」(2015年1月11日・1月12日、フジテレビ)幕内平太 役
・赤めだか(2015年12月28日、TBS)立川談春 役
・新春スペシャルドラマ「坊っちゃん」(2016年1月3日、フジテレビ)坊っちゃん 役
・日曜劇場「ブラックペアン」(2018年4月22日~6月24日、TBS)渡海征司郎 役

舞台

・PLAYZONE ’96 RHYTHM(1996年7月21日~8月15日)
・STAND BY ME(1997年7月23日~8月21日)クリストファー・チェンパーズ(クリス) 役
・ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO(1997年8月29日、9月7日、10月26日)
・シブヤから遠く離れて(2004年3月6日~30日)ナオヤ 役
・理由なき反抗(2005年4月3日~5月4日)ジム・スターク 役
・見知らぬ乗客(2009年7月18日~8月11日)ブルーノ・アントニー 役

▲目次へ戻る

 

4.二宮和也さんの受賞暦

・第5回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・秋ドラマ 助演男優賞「ハンドク!!!」(2001年)

・第6回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・冬ドラマ 助演男優賞「熱烈的中華飯店」(2003年)

・第8回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・夏ドラマ 助演男優賞「南くんの恋人」(2004年)

・第15回 橋田賞 個人賞「少しは、恩返しができたかな」(2006年)

・第10回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演男優賞「拝啓、父上様」(2007年)

・第10回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・冬ドラマ 主演男優賞「拝啓、父上様」(2007年)

・第11回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・夏ドラマ 主演男優賞「山田太郎ものがたり」(2007年)

・第62回 文化庁芸術祭賞 テレビ部門 放送個人賞「マラソン」(2007年)

・第45回 ギャラクシー賞 奨励賞 個人賞「マラソン」(2007年)

・第46回 ギャラクシー賞 テレビ部門 個人賞「流星の絆」「DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマ
ン」(2008年)

・第59回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞「流星の絆」(2008年)

・第12回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・秋ドラマ 主演男優賞「流星の絆」(2008年)

・東京ドラマアウォード2011 個人賞 主演男優賞「フリーター、家を買う。」(2011年)

・第67回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞「フリーター、家を買う。」(2011年)

・第14回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・秋ドラマ 主演男優賞「フリーター、家を買う。」(2011年)

・ベストハンバーグ侍2015(2015年)

・第89回 キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞「母と暮せば」(2016年)

・第39回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞「母と暮せば」(2016年)

▲目次へ戻る

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする