いまさらだけど言いたい!「ハリルホジッチはここがスゴかった」

1: 2018/04/27(金) 12:48:36.84 ID:CAP_USER9
写真no title

本日(2018/04/27)、ロシアW杯本戦まで残りわずか2ヵ月というタイミングで電撃的に解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督の来日記者会見が行われます。

 このような時期、形での代表監督の解任は世界的に見ても前例に乏しいうえ、成功例は絶無に等しいといえます。確かに、ハリルホジッチ前監督のサッカー、指導については在任時から賛否両論が飛び交っていました。

 とはいえ、最終的な評価は、「結果」によってのみくだされるべきであり、直前の解任劇によってそれも適わなくなったことで、ハリルホジッチ就任後の3年間がほとんど無駄となる状況が生まれています。

 西野監督による新体制によってもし結果が出たとしても、それは継続的な強化のプロセスをリセットした状態のものであり、後につながる知見を得づらいものになるでしょう。日本サッカー協会の判断は、二重三重に「愚行」のそしりを免れないのではないかと思われます。

 本稿では、ハリルホジッチの主な事績を4点に絞り検討することで、ハリルホジッチ前監督が日本サッカーにもたらすことを期待されていたもの、もたらしたもの、もたらそうとしていたものを浮き彫りにしてみたいと思います。

ハリルホジッチはここがスゴイ

 ■ハリルホジッチの事績

 (1)戦略・作戦・戦術・個々のプレーを密接に結びつける事例を残した

 (2)相手のやり方に対応してプレーする柔軟な戦略・戦術を実践してみせた

 (3)フィジカルコンタクトから逃げるな、というメッセージと強化の実践

 (4)満足なスケジュールが取れない代表強化における合理的なプロジェクト遂行

 これらは、日本代表・日本サッカーが、その発展過程において追求してきた数々の課題と、正面から向き合ったものであり、具体的なソリューションを示した事績と言えます。

これらは、日本代表・日本サッカーが、その発展過程において追求してきた数々の課題と、正面から向き合ったものであり、具体的なソリューションを示した事績と言えます。

 (1)「戦略・作戦・戦術・個々のプレーを密接に結びつける」は、組織と個、戦術と個を高いレベルで結びつけようという試みでした。従来、日本サッカーでは「組織」か「個」かといった不毛な二項対立の議論が往々にして起こってきました。

 ハリルホジッチは、そこに試合展開上、至るところで生じるボールの争奪戦、目の前の相手を出し抜くための攻守両面での駆け引き、肉弾戦……すなわち「デュエル」(1対1)の力を高めよというメッセージ、世界サッカーの最前線とも結びついた根拠を持ち込んで議論を明確化する足場を築きました。

 そして、W杯出場を決めたホームでのオーストラリア代表戦をはじめとして、最終予選の強敵相手にモデルケースとなるような試合を演じ、戦術(組織)と個(1対1)が緊密に結びついた具体的な事例を残しました。

つづく

4/27(金) 10:00配信 現代ビジネス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00055487-gendaibiz-bus_all



2: 2018/04/27(金) 12:49:14.93 ID:CAP_USER9
(1)「戦略・作戦・戦術・個々のプレーを密接に結びつける」は、組織と個、戦術と個を高いレベルで結びつけようという試みでした。従来、日本サッカーでは「組織」か「個」かといった不毛な二項対立の議論が往々にして起こってきました。

 ハリルホジッチは、そこに試合展開上、至るところで生じるボールの争奪戦、目の前の相手を出し抜くための攻守両面での駆け引き、肉弾戦……すなわち「デュエル」(1対1)の力を高めよというメッセージ、世界サッカーの最前線とも結びついた根拠を持ち込んで議論を明確化する足場を築きました。

 そして、W杯出場を決めたホームでのオーストラリア代表戦をはじめとして、最終予選の強敵相手にモデルケースとなるような試合を演じ、戦術(組織)と個(1対1)が緊密に結びついた具体的な事例を残しました。

ハリルは戦略家

 また、過去の日本代表チームでは、「自分たちのプレースタイルにこだわりすぎ、相手を見て戦えない」「特定のプレーエリアでしか効果的にプレーできない」という弱点がしばしば露呈してきました。

 (2)「相手のやり方に対応してプレーする柔軟な戦略・戦術を実践」の課題もまた、日本サッカーが世界の舞台で勝利を得るために乗り越えなければならないものだったといえます。

 ハリルホジッチは、相手の長所を消し短所を突くだけではなく、相手のやり方を機能不全にさせるプレーエリア、プレーの仕方を選択し、戦略的優位性を得て試合を進める術に長けていた監督でした。

 例えば、W杯最終予選の突破を決めたホームでのオーストラリア代表戦では、敵の攻撃面での手筋を全て読み切り、「この手筋さえ抑えれば、残る全ての手筋を無効化できる」という急所を見つけ出し、公式戦では90分以内に勝利したことのない宿敵に完勝しました。

技術力が高くても…

 (3)「フィジカルコンタクトから逃げるな、というメッセージと強化の実践」は、世界と互角以上に戦う力を得るためにはどうしても通らなければならないプロセスでした。

 「日本人の特徴」「大柄な外国人に対する優位性」として良く例に挙がるのは「巧緻な技術」「敏捷性」ですが、ラグビー日本代表に大躍進をもたらしたエディ・ジョーンズ監督は具体的なデータを挙げて「それを発揮する前にフィジカルコンタクトで後手を踏んで潰されては意味がない」と論じ、身体面で強豪に勝てぬまでも負けない事の重要性を説きました。

 その上で「自分たちの特徴」を活かすべきと訴え、「世界のスポーツ史上最大のアップセット(番狂わせ)」とまで評された南アフリカ代表戦での勝利に日本ラグビーを導きました。ハリルホジッチの考えも同様だったと思われます。

 日本人が「技術」「敏捷性」を看板にして回避しようと考えがちな身体同士の衝突である「デュエル」(1対1)の強調と、そこで後手を踏まないための数値的な指標、トレーニングメニューを個々の代表選手に提示し、長期的視点で改善と向上を促そうとしていました。

 世界サッカーの最前線では、「デュエル」の成否が戦略面・戦術面の成否を占う重要な要素として認識されているため、ハリルホジッチのメッセージは日本サッカーが世界にキャッチアップしていく基礎になったかもしれません。

 また、この実践を通じてハリルホジッチは「日本人はフィジカルで劣る」というコンプレックスからの解放をも目指していました。そのことにより、世界でまみえる強豪にひるまないメンタリティの獲得を意図していたと思われます。

つづく

3: 2018/04/27(金) 12:49:34.48 ID:itbWsHKd0
GERMANY v ALGERIA (2:1) – 2014 FIFA World Cup™
https://youtu.be/lGrU8hlIYIE

4: 2018/04/27(金) 12:49:41.23 ID:CAP_USER9
すべてにおいて合理的であった

 最後に、(4)「満足なスケジュールが取れない代表強化における合理的なプロジェクト遂行」について。ハリルホジッチの仕事は、プロジェクト遂行のやり方としては極めて論理的でした。

 プロサッカーの世界では、国内外のリーグ戦や各種大会によって年間のほとんどの日程が埋められています。そのため、代表チームでは年間30~50日前後しか活動期間を取ることができません。

 チーム全員が毎日練習を共にできるクラブチームで行うような、緻密なサッカーを即時実現することは不可能です。

 それを前提とし、同時に最終的なアウトプットまで日時があることからレギュラー選手を固定せず、「W杯に臨む最終選考時点」でのプレーレベルやコンディションを重視して様々な選手を試し、個々の能力についての情報を収集しながらチーム作りを進めていました。

 そのため、一試合単位で見ると選手達は明らかに迷っていることもあり、それが「低調な試合内容」につながることもありました。しかし、大枠となるチームコンセプトはトレーニング指標と共に明確に示していたので、大筋としては「このチームでは何が必要か」を、選手達は意識できる状態でいたと思われます。

 かといって途中経過のアウトプットをないがしろにしていたわけではありません。業務上、当然示されるべきマイルストーンは、定期的に見事なものをプレゼンテーションしていました。

 最終予選のアウェイUAE代表戦、ホームサウジアラビア代表戦、アウェイ・ホームのオーストラリア代表戦など、予選突破の直接のライバルとなる相手との試合では周到な準備と整備された戦術で臨み、「W杯での完成形」を占うに十分な内容・結果を演じていました。

 興行としてはエンターテインメント性に欠けたとしても、最終的にW杯本戦で勝つ、というファイナルアウトプットには確実に向かっていました。ハリルホジッチは、「一体どういう仕事をしていたのか」を論理的に振り返れるプロセスを描けていたと言えます。

つづく

5: 2018/04/27(金) 12:49:49.24 ID:q+Vyrvwf0
いまさらでも、言いたくないwww

6: 2018/04/27(金) 12:50:02.80 ID:8jOnPEP90
凄くねえよ

7: 2018/04/27(金) 12:50:09.32 ID:vL/CCfmL0
確かにW杯を決めたオーストラリア戦は凄かったな
あれがあったからなかなか切ることが出来なかった

8: 2018/04/27(金) 12:50:17.45 ID:CAP_USER9
日本はどこへ向かうのか…

これらの事績、実践については、本来であればロシアW杯終了後、ハリルホジッチの退任時にノウハウ移転のためのヒアリングを行ったり、準備段階の資料などを通じて詳細に記録されておくべきメソッドでした。

 残念ながら、ハリルホジッチとこのような別れ方をしてしまったことから、本戦の結果を持って分析・総括・記録する機会は永久に失われてしまいました。

こんな記事も読まれています


 ハリルホジッチの後を襲った西野体制は「緊急事態」を唱えつつ「オールジャパン」を標榜。ロシアW杯後も「日本人監督」での継続が技術委員会から提言される(2018年4月24日報道)など、ハリルホジッチが託され解決しようとした課題の克服が為されぬまま、「脱・外国人監督」「日本人に合った日本人らしいサッカー」「日本サッカーの日本化」がはかられつつあるように思えます。

 当然、非難が集中したハリルホジッチのメッセージ、例えば「デュエル」の追求などは「日本人に合わない」ので少なくとも二の次とされていくでしょうし、ハリルの論理的なワーキングプロセスも、まともに顧みられることなく捨てられていくことでしょう。

 志半ばに終わった仕事を顧みることなく、「次、次!」とばかりに貴重な教訓を含んだ経験を捨て去っていく愚は、サッカーの世界のみならず日本社会の至るところで見られます。が、もちろん進んでそんな愚を繰り返す義理は誰にもありません。

 残されたハリルホジッチの仕事を虚心坦懐に見つめ、有用な知見を抽出していくことが、日本サッカー界には求められるのではないでしょうか。

五百蔵 容

9: 2018/04/27(金) 12:50:56.01 ID:lxaOYWRv0
・大迫に縦ポンするのみの戦術
・横パスすらつながらない
・守備は人に付かせるだけ
・韓国に歴史的大敗
・その試合後に「韓国のほうが強いことはわかっていた」と発言
・ウクライナに対策を立てられ混乱、最後まで修正できず

10: 2018/04/27(金) 12:51:38.94 ID:LlBn0fZu0
>戦術(組織)と個(1対1)が緊密に結びついた

そうかあ????という感想

11: 2018/04/27(金) 12:51:41.14 ID:tJ+HOan50
ボルトンのサッカーかよってレベルの酷さだったが。

12: 2018/04/27(金) 12:51:48.80 ID:gC78/NtE0
縦ポンの薄っぺらサッカーに見えたんですけど

18: 2018/04/27(金) 12:55:28.16 ID:SRE08JIn0
>>12
全然縦ポンじゃないけどな
吉田のフィードを活かす縦ポンだったらまだ良かった
現実はサイドが開いた後に山口みたいなド下手糞が大迫に縦パスを試みるも失敗してカウンターか
大迫が耐えきれなくてサイドに出すも取られてカウンターの2択だった

13: 2018/04/27(金) 12:51:50.18 ID:zCkpn/g80
1と2でもう読む気しない
全部的外れ

14: 2018/04/27(金) 12:51:54.01 ID:TvWPqiFQ0
ハリルの前の監督が良かったんだよな
バルサ的な攻撃的なサッカーで
あの監督をクビにしたのが痛いわ

33: 2018/04/27(金) 13:02:48.17 ID:d1E92XuJ0
>>25
守備的なサッカーで
ハリルジャパンはここ9試合で15失点と守備崩壊してる

パスサッカーのメリットは守備する時間を減らせる
日本の最大の弱点は攻撃ではなく守備だと気付こう
少しでも守備する時間を減らすべきだよw

39: 2018/04/27(金) 13:04:53.06 ID:mhBfALn+0
>>33
ここ9試合の検証するか?
親善試合でテストされた選手がアピールしたさに守備もせずにチンタラ歩いて
何が守備崩壊だよ

15: 2018/04/27(金) 12:52:42.77 ID:q+Vyrvwf0
日本のモイーズだったなw

19: 2018/04/27(金) 12:55:34.12 ID:xqMcQUfM0
そんな凄い人がトルコのクラブ辞めて4カ月プータローだったのか

20: 2018/04/27(金) 12:55:39.94 ID:MWEkgb1/0
まぁ西野サッカー見せてもらおうや

21: 2018/04/27(金) 12:56:13.38 ID:vpLMFc1P0
本田にもの言える所

22: 2018/04/27(金) 12:56:32.08 ID:8uEXDAav0
W杯に行けた事だけは無駄ではないのでそこは評価するけどその後が悪い

23: 2018/04/27(金) 12:57:27.45 ID:d1E92XuJ0
>>1
外人+巨漢だらけのアメフト例に出されてもww
山口選んでしまうのでは矛盾してますw

24: 2018/04/27(金) 12:58:39.90 ID:5DfWk3px0
もっと具体的に書いてくれないとわからんw

26: 2018/04/27(金) 13:00:07.42 ID:q+Vyrvwf0
ハリル=貴乃花

27: 2018/04/27(金) 13:00:08.35 ID:sKUddJcp0
口で何を言ってもピッチ上で見せられなきゃ意味がない話

28: 2018/04/27(金) 13:00:19.06 ID:UjhYSSh+0
代表経験ゼロの大島僚太を予選の初戦でいきなり先発させて
試合後に負けたのはあいつのせいだと言い切る無責任な野郎

こいつは本当に最悪な人間性

31: 2018/04/27(金) 13:01:34.58 ID:mhBfALn+0
>>28
よくそんなバレバレの嘘つくな
だからアンチは糞なんだよ

29: 2018/04/27(金) 13:00:51.62 ID:vEJ1MsDe0
ハリル以前から個の成長って言っていたな。フィジカルコンタクトもその一つ。

30: 2018/04/27(金) 13:01:27.05 ID:nc6/r4ZT0
やめた途端に名将扱いか
なんというか日本でよくある話だな

32: 2018/04/27(金) 13:02:02.20 ID:bxw+S1h40
後だしジャンケン一緒だよね。

34: 2018/04/27(金) 13:02:49.21 ID:xkkyVITq0
>>1
つ絵が上手かった
no title

38: 2018/04/27(金) 13:04:11.90 ID:PuyVMPmj0
代表スポンサーと癒着の多い香川を外したことは評価する

元スレ:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524800916/

【画像】最上もがさん、謝罪wwwwwwwwww

「2018年合法ロリナンバーワン」の娘がグラドルデビューwwwww(画像あり)

こういう女とセッ●スせずに一生を終える男ってwwwww(画像あり)

【閲覧注意】溶岩で” 悪ふざけ ”した奴の末路・・・ 骨が。。(GIFあり)

広瀬すずに嵐ファンが激怒wwwwwwwww

岡田准一、松坂桃李、川口春奈…心が病んでいる疑惑が浮上した芸能人たち

【悲報】ユーチューバーさん、女性への「このイタズラ」で人生終了…(動画あり)

海外「アニメの枠を超えてる!」20年前の日本アニメの主題歌がカッコ良すぎると話題に

女子小学生(12)、初体験が屈強な黒人米兵による性的暴行事件がエグすぎる……………

【悲報】ユーチューバーさん、女性への「このイタズラ」で人生終了…(動画あり)

【パヨク悲報】 安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視 次期首相も5割が安倍首相を支持

男だけど、酒の席で酔った女上司に抱きつかれてキスされたのが凄くイヤだったので「セクハラだからやめて欲しい」とその場で

テレ朝に新たなハニトラ取材疑惑キタ───(゚∀゚)───!!www

地方ホテル「ガッキーCMで起用したいけど無理か…せや!」

ワイドナショーで事故www 松本人志「あんなもんハニートラップやろ!テレ朝は責任回避の事しか考えてないやんけ!」⇒ フジテレビ社員が衝撃の言い訳www

暴走族うるさいから通報したらwwwwwwwwwwww

今、あなたにオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする