このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2018/04/18(水) 21:03:06.80 ID:
    大阪府豊能町は、同僚に包丁を見せて決闘を申し入れるなどしたとして、環境課の男性職員(46)を停職6カ月の懲戒処分にした。
    町の聞き取りに「自分の経験を否定されたと思った」などと話したという。

    町によると、技能主任は3月13日、ごみ収集車を運転中、速度やコースをめぐり同乗の50代職員と口論になり、上司の許可を得ていったん帰宅。
    ホームセンターで包丁2本を購入したうえで、町内の駐車場で、収集を終えた50代職員の前で、
    包丁が入った袋を地面にたたきつけ「降りてこいや」などと言って決闘を申し入れたという。

    町が同15日に豊能署に連絡。同署は銃刀法違反などの疑いで技能主任を書類送検した。

    http://www.sankei.com/west/news/180418/wst1804180073-n1.html









              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2018/04/18(水) 09:11:23.43 ID:
    子供と二人で新幹線に乗った。予約した席は通路側で、窓側には先客がいた。
    若い女性だったのでほっとしつつ、会釈を交わして席についた。

    出発後20分も経たないうちに子供が泣きだした。あやしながら、まずは隣に謝ろうとしたんだけど、
    彼女は無表情のままノートパソコンを閉じて耳栓をとりだした。話しかける隙がない。
    そして、こちらに目もくれずに耳栓をして寝る姿勢をとった。なんだかそれが、すごくショックだった。

    みんなが子供を好きじゃないことは知ってるし、ベビーカーにあからさまに舌打ちされた時もあるけど、
    女性には比較的親切にされてきた。隣の人に文句を言われたわけでもないし、舌打ちもないし、
    嫌な顔さえされてない(多分)。何もなかった。その我関せずの態度が、何故かものすごく悲しくて涙が出そうだった。

    https://anond.hatelabo.jp/20180416201535









              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2018/04/18(水) 10:36:07.61 ID:
    財務省は17日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)を開き、2020年4月から本格的に始める高等教育や幼児教育の無償化について、
    支援対象の要件を厳しく定める必要があると指摘した。6月に策定される政府の経済財政運営の指針「骨太の方針」などに反映させたい考えだ。

    専門学校については、アニメ、ゲーム製作や声優養成の学校の就職率が、医療福祉系の学校などと比べ低いことを指摘。
    教育成果を上げていない専門学校を無償化の対象に含めるのは適当でないとの認識を示した。

    https://www.excite.co.jp/News/economy_g/20180417/Mainichi_20180418k0000m020093000c.html









              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/04/17(火) 21:44:46.99 ID:










              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/04/16(月) 22:51:23.98 ID:



    見つかってしまう









              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/04/16(月) 21:19:23.40 0.net ID:












    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)









              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2018/04/18(水) 04:31:25.024 ID:

    はぁ…









              
    続きを読む           

    このページのトップヘ